1部リーグ 第7節 20180923日()デンソー VS 日立

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【デンソー】山口美紀
敗戦投手【日立】小薗美希
打撃成績 【日立】 
【デンソー】《本》吉松梨乃、松木瑛里、釼持祐衣
バッテリー
日立●小薗美希、岡村奈々、泉花穂-鈴木理恵、清原奈侑、鈴木理恵
デンソー〇山口美紀、辰巳舞衣-吉松梨乃

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第51回日本女子ソフトボールリーグ1部」第7節岩手大会・第2日第1試合は、ここまで7勝7敗の同率5位、決勝トーナメント進出圏内である4位以内に「あと一歩」と迫ったデンソー ブライトペガサスと、通算成績5勝9敗の9位、上位争いから取り残された感のある日立 サンディーバが対戦した。
 
 両チーム無得点のまま、迎えた3回裏、ブライトペガサスはサンディーバ・先発の小薗美希をとらえ、この回先頭の7番・吉松梨乃がレフトスタンドへ先制のソロホームラン。この「一発」で勢いづいたブライトペガサスは8番・甲野紋加、9番・山根すずか、1番・釼持祐衣の3連打でさらに1点を加え、2番・松木瑛里が高々と打ち上げた打球はそのままライトスタンド飛び込むスリーランホームランとなり、この回大量5点を奪い、勝負を決めてしまった。

(※ブライトペガサスは吉松梨乃、松木瑛里の本塁打等で大量5点を先制!)
 
 ブライトペガサスは5回裏にも、サンディーバの2番手・岡村奈々から1番・釼持祐衣が右中間へ綺麗なアーチを描くソロホームランを放ち、効果的な「一発攻勢」で6点差にリードを広げた。
 
 守っては、先発・山口美紀が5回を投げ、サンディーバ打線をわずか1安打に抑え、しっかりと先発の役割を果たすと、2番手・辰巳舞衣は走者は出すものの、最後までサンディーバ打線に得点を許さず、6-0の完封勝利。今節連勝で通算成績8勝7敗とし、同率ながら「決勝トーナメント進出圏内」の4位に浮上した。
 
 敗れたサンディーバは5勝10敗。上位争いから完全に脱落し、徐々に勝ち星を伸ばしはじめた下位チームが背後に迫り、「2部リーグ降格争い」に巻き込まれることを心配しなければならない状況となってきた。

1121
2018
9
23
09
23
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes     ファミスタ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc