1部リーグ 第6節 20180908日()Honda VS SGホールディングス

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】ジェイリン・フォード
敗戦投手【SGH】カーヤ・パーナビー
打撃成績 【SGH】 
【ホンダ】《本》サマンサ・フェーガン
バッテリー
SGH●カーヤ・パーナビー-山科真里奈
ホンダ○ジェイリン・フォード-田井静華

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 サマーブレイク開けとなる「第51回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節安城大会・第1日第1試合は、前半戦を終了し、2勝9敗の11位。入替戦に回ることだけは避けたいHonda Revertaと、6勝5敗の5位で前半戦を終え、「決勝トーナメント進出圏内」である4位以内に順位を上げたいSGホールディングス ギャラクシースターズが対戦した。
 
 ギャラクシースターズ・カーヤ・パーナビー、Reverta・ジェイリン・フォード、両投手の投げ合いとなり、4回まで両チーム合わせてわずか1安打。静かな展開のまま、試合が進み、迎えた5回表、ギャラクシースターズは一死からショートゴロエラー、送りバント、死球、ショートゴロで二死ながら二・三塁と攻め立て、1番・ステーシー・ポーターが勝負を避けられ、故意四球。満塁のチャンスをつかんだものの、代打・水津佳那英がセカンドフライに倒れ、無得点。
 
 ギャラクシースターズは7回表にも、二死走者なしから8番・釣春香のレフト前ヒット、9番・田中瑠莉のショート内野安打で一・二塁とし、1番・ステーシー・ポーターがまたしても勝負を避けられ、故意四球で満塁。2番・土肥里奈のバットに期待がかかったが、ショートゴロに倒れ、無得点に終わった。
 
 このチャンスを逃したことで試合の流れが変わったか、その裏、この回先頭の3番・サマンサ・フェーガンが、ここまでノーヒットに抑え込まれていたギャラクシースターズの「エース」カーヤ・パーナビーの初球を叩き、ライトスタンドへ運ぶサヨナラホームラン!

(※Revertaはサマンサ・フェーガンが「値千金」の一発を放ち、サヨナラ勝ち!)
 
 チーム「初安打」が勝負を決めるサヨナラホームランとなり、Revertaが息詰まる投手戦を「一振り」で制し、嬉しい3勝目。通算成績を3勝9敗とした。
 
 敗れたギャラクシースターズは6勝6敗。6回までノーヒットの「エース」カーヤ・パーナビーの力投に報いることができず、打線が沈黙。二度の満塁の好機を活かせず、完封負けを喫し、貯金がなくなり、勝率5割に後退してしまった。

1107
2018
9
8
09
08
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes     ファミスタ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc