1部リーグ 第6節 20180908日()シオノギ製薬 VS 太陽誘電

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】藤田倭
敗戦投手【シオノギ】池田美樹
打撃成績 【太陽誘電】《本》河野美里《二》大塚枝里香、中溝優生、原田のどか
【シオノギ】《本》數原顕子《二》古藤優実
バッテリー
太陽誘電○藤田倭-佐藤みなみ
シオノギ●池田美樹、千葉咲実-竹林綾香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 サマーブレイク開けとなる「第51回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節長野大会・第1日第1試合は、悪天候のため、約2時間試合開始時間を遅らせてのプレーボールとなった。
 前半戦を終了し、7勝4敗の4位、「決勝トーナメント進出圏内」をキープするシオノギ製薬 ポポンギャルズと、5勝6敗の同率6位で前半戦を終え、決勝トーナメント進出のためには、もうこれ以上「負けられない」太陽誘電 ソルフィーユが対戦した。
 
 ソルフィーユは2回表、ポポンギャルズ・先発の池田美樹を攻め、この回先頭の6番・大塚枝里香がセンターオーバーのツーベース。7番・尾崎望良が手堅く送り、一死三塁とし、8番・中溝優生のショートゴロがエラーとなったが、三塁走者は動けず、一・三塁とした後、9番・丸本里佳がセンターへ犠牲フライを打ち上げ、三塁走者が生還。先取点を挙げた。
 
 1点を先制されたポポンギャルズはその裏、ソルフィーユの先発・藤田倭をとらえ、4番・數原顕子が意表を突くセーフティーバントで出塁。5番・竹林綾香のピッチャーゴロでダブルプレーを狙った藤田倭の二塁送球がベースカバーとのタイミングが合わず、そのままセンターへ抜けてしまい、無死一・二塁(記録はピッチャーのエラー/悪送球)。さらにパスボールで二・三塁とチャンスを広げ、6番・古藤優実の5球目にヒットエンドランを仕掛けたが、これが空振りとなり、スタートを切っていた三塁走者がタッチアウト。一死三塁となった後、古藤優実が「名誉挽回」とばかりに左中間を破るタイムリーツーベースを放ち、1-1の同点に追いついた。
 
 1-1の同点で追いつかれ、3回表の一死満塁の勝ち越しのチャンスを逃したソルフィーユは4回表、この回先頭の8番・中溝優生が右中間を破る二塁打を放ち、出塁。9番・丸本里佳が手堅く送り、一死三塁としたが、1番・山本晴香が浅いライトファウルフライに倒れ、三塁走者は動けず……。二死となり、またしてもチャンスを逃したか見えたが、2番・河野美里が右中間へ勝ち越しのツーランホームラン。チームを引っ張る「ベテラン」が嫌な雰囲気を吹き飛ばす「値千金」の一発を放ち、2点のリードを奪った。

(※ソルフィーユは4回表、「ベテラン」河野美里が勝ち越しのツーランホームランを放つ!)
 
 この一発で息を吹き返したソルフィーユは、続く5回表にも、4番・原田のどかの二塁打、送りバントで一死三塁とし、二死後、7番・尾崎望良がレフト前にタイムリーを放ち、1点を追加。ソルフィーユが誇る「Wエンジン」、「もう一人の二刀流」が貴重な追加点となるタイムリーを放ち、ポポンギャルズを突き放した。
 
 3点を追うポポンギャルズは6回裏、一死から4番・數原顕子がライトスタンドへ運ぶソロホームラン! 女子TOP日本代表にも招集された「左のスラッガー」數原顕子の一発で2点差に迫ったが、反撃もここまで。上位を争う「ライバル」との直接対決に敗れ、痛い5敗目。「決勝トーナメント進出圏内」の4位の座は守ったが、通算成績7勝5敗となった。

(※ポポンギャルズは6回裏、「主砲」數原顕子のソロホームランで1点を返したが……)
 
 勝ったソルフィーユは6勝6敗と星を伸ばし、勝率5割に復帰。同率5位に浮上し、「決勝トーナメント進出圏内」にあと一歩と迫る貴重な勝利を挙げた。

1105
2018
9
8
09
08
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes     ファミスタ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc