1部リーグ 第5節 20180603日()シオノギ製薬 VS デンソー

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【シオノギ】重藤恵理佳
敗戦投手【デンソー】辰巳舞衣
打撃成績 【デンソー】 
【シオノギ】《二》神藤美樹
バッテリー
デンソー●辰巳舞衣-山澤葵
シオノギ〇重藤恵理佳-竹林綾香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第51回日本女子ソフトボールリーグ」1部第5節函館大会・第2日第1試合は、前日の戸田中央総合病院 Medics戦で延長10回に及ぶ死闘を制し、通算成績6勝4敗で同率4位、上位戦線に踏み止まったシオノギ製薬 ポポンギャルズと、通算成績5勝5敗で同率6位、「開幕ダッシュ」に成功した「貯金」もなくなってしまったが、再びここから「貯金生活」に入るべく、勝ち越して前半戦を折り返したいデンソー ブライトペガサスが対戦した。
 
 ポポンギャルズは重藤恵理佳を先発に立て、キャッチャー・竹林綾香のバッテリーでこの試合に臨み、奇しくも「古巣」(両選手ともにブライトペガサスから移籍)を相手に対戦することになった。
 注目の立ち上がり、その重藤恵理佳が初回、2回表とブライトペガサス打線を三者凡退に抑え、「先発」の役割をしっかりと果たし、試合の流れを引き寄せた。
 
 ポポンギャルズは2回裏、この回先頭の6番・神藤美樹がレフト線を破るツーベースを放ち、出塁。7番・金子沙耶が手堅く送り、二塁走者を三塁へ進めると、8番・竹林綾香は四球で歩き、一死一・三塁。このチャンスに9番・横野聖奈がライト前にタイムリーを放ち、三塁走者が生還。ポポンギャルズが1点を先制した。

(※ポポンギャルズは2回裏、一死一・三塁から横野聖奈がタイムリーを放ち、先制!)
 
 ポポンギャルズの先発・重藤恵理佳は、4回表に死球で走者を出した他は、6回までノーヒットピッチング。ブライトペガサス打線を完全に抑え込み、「ノーヒット・ノーラン」達成への期待が高まった。記録達成まであと1イニングに迫った7回表、代打・小島あみを空振り三振に斬って取り、一死とした後、3番・川畑瞳にレフト前ヒットを浴び、ノーヒット・ノーランが消え、続く4番・ケリー・クレッチマンにも左中間に運ばれ、一塁走者・川畑瞳が判断良く三塁を陥れ、三塁送球の間に打ったケリー・クレッチマンも二塁へ進塁。一死二・三塁のピンチを招いてしまった。
 大記録達成の期待から一転して、勝利すら危うくなる「一打逆転」のピンチを迎えても、「古巣」ブライトペガサス相手に「勝利」への執念を燃やす重藤恵理佳、竹林綾香のバッテリーは冷静さを失うことなく、「阿吽の呼吸」で投球を組み立て、後続を空振り三振、センターフライに打ち取り、試合終了。ブライトペガサス打線に最後まで得点を許さず、被安打2・奪三振6の投球内容で「完封勝利」を収め、「新天地」となったポポンギャルズに「大きな1勝」をもたらした。

(※ブライトペガサスは最終回、一死二・三塁の「一打逆転」のチャンスを作ったが……)
 
 ポポンギャルズはこれで通算成績7勝4敗。今節は2試合連続で1-0、最少得点差のゲームを「全員総力」の試合展開でモノにし、「決勝トーナメント進出圏内」である4位をキープし、前半戦を折り返した。
 
 敗れたブライトペガサスは、「かつてのチームメイト」であるポポンギャルズの先発・重藤恵理佳、キャッチャー・竹林綾香のバッテリーに翻弄され、ノーヒット・ノーランを免れるのが精一杯。3回表、この回先頭7番・江口未来子がキャッチャー前に絶妙なセーフティーバント。完全に「決まった!」ように見えたが……一塁審判の判定は無情にも「アウト」。この回の先頭打者だっただけに、この走者が塁上に生きていたら、また違った試合展開もあったかもしれないが……。
 ただ……最終回、一死二・三塁の場面で「決定打」を欠いたことも「事実」で、今節は2試合連続の完封負け。チーム打率3割(第4節終了時点/チーム打率3割5厘)を誇る強力打線が沈黙し、いずれも最少得点差での敗戦とイライラが募る試合展開に終始してしまった。通算成績5勝6敗で「借金1」となり、現時点では「決勝トーナメント進出圏外」となる同率6位から浮上できないまま、リーグ中断期間、「サマーブレイク」を迎えることになってしまった。

1095
2018
6
3
06
03
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc