1部リーグ 第4節 20180526日()Honda VS 太陽誘電

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】ジェイリン・フォード
敗戦投手【太陽誘電】尾崎望良
打撃成績 【太陽誘電】 
【ホンダ】《三》佐野由貴美 
バッテリー
太陽誘電藤田倭、●尾崎望良-青木千春
ホンダ○ジェイリン・フォード-田井静華

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第51回日本女子ソフトボールリーグ」1部第4節栃木大会・第1日第2試合は、開幕から未だ勝ち星なしの7連敗。「ホーム」での今節、巻き返しを期すHonda Revertaと、通算成績3勝4敗の同率7位、「まさか……」の開幕3連敗のショックが尾を引き、一進一退の状況が続き、まだまだ「本調子」とはいえないものの、勝率5割まであと一歩のところまで星を戻してきた太陽誘電 ソルフィーユが対戦した。

 初回の攻撃を三者凡退で終了し、守りについたソルフィーユは、DP・尾崎望良がピッチャー・藤田倭の守備を兼務。藤田倭がOPO(打撃専門選手)となり、尾崎望良が「実質的な先発投手」となり、Revertaの攻撃がはじまった。
 Revertaはその尾崎望良の立ち上がりを攻め、一死から2番・山田静佳が鮮やかな流し打ちを見せ、レフト前ヒットで出塁。続く3番・森山遥菜の打球はサード手前でワンバウンドする強烈な当たりとなり、サード・山本晴香が小さな身体を懸命に伸ばしてグラブに触れはしたものの、わずかに届かず、レフト線に転がるヒットとなり、一死一・二塁。このチャンスに4番・佐野由貴美が詰まりながらも「力」で運び、ライト前に落とす「執念」のタイムリー。二塁走者が還り、幸先よく先取点を挙げた。

(※後攻のRevertaは初回、一死一・二塁から佐野由貴美の「気迫」のタイムリーで先取点を挙げた)

 一方、ソルフィーユはRevertaの先発・ジェイリン・フォードの「荒れ球」に手を焼き、初回、2回表と三者凡退。3回表、その制球の乱れにつけ込み、敵失、送りバント、死球、パスボールで二死ながら二・三塁の「一打逆転」のチャンスをつかみ、第3節終了時点で打率5割のハイアベレージでリーディングヒッター(首位打者)争いのトップに立っている2番・山本晴香を打席に迎えたが、またも死球で満塁。ここで3番・河野美里を打席に迎え、「女子TOP日本代表」にも名を連ねる「好打者」のバットに期待がかかったが、見逃しの三振に倒れ、チャンスを逃してしまった。

(※3回表、ソルフィーユは二死満塁の反撃機を作ったが「あと一本」が出ず、無得点)

 Revertaは4回裏、この回先頭の4番・佐野由貴美が右中間に大飛球を打ち上げ、打球を追ったセンター・河野美里、ライト・石浜真実がフェンス際でもつれるように交錯。打球が外野を転々とする間に、佐野由貴美が一気に本塁を狙ったが、ソルフィーユの見事な連係プレイで本塁タッチアウト。追加点を挙げることができず、その後はソルフィーユ・尾崎望良、Reverta・ジェイリン・フォード、両投手が好投。息詰まる投手戦を展開し、1-0とRevertaがリードしたまま、迎えた最終回、ソルフィーユは必死の反撃を試みるが、力投を続けるジェイリン・フォードの前に、セカンドゴロ、セカンドゴロ、ショートゴロで三者凡退。痛い完封負けを喫してしまった。
 ソルフィーユは、適度に「荒れる」ジェイリン・フォードの投球に的を絞れず、4回までノーヒット。5回表、8番・中溝優生がチーム初安打を放ったものの、結局、安打はその1本のみ。リーグ全体が「混戦状態」にあるとはいえ、通算成績3勝5敗と調子の波に乗れないまま、迷走状態が続いている。

 勝ったRevertaは、開幕8戦目にして嬉しい今シーズン初勝利。「ホーム」の大観衆の「熱い声援」を力に変え、素晴らしい試合を展開した。好投手・尾崎望良を初回から果敢に攻め、先手を取ると、ベンチを含めた「全員の力」で最後まで守り切った。スタンドとベンチ、グラウンド上が一体となったこの試合を見る限り、とても「最下位」にいるチームとは思えない。この「ホーム」での「1勝」を契機に「チーム一丸」となって「上昇気流」に乗っていきたいところだ。


1080
2018
5
26
05
26
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes     ファミスタ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc