1部リーグ 第3節 20180519日()伊予銀行 VS トヨタ自動車

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【トヨタ】三輪さくら
敗戦投手【伊予銀行】内海花菜
打撃成績 【トヨタ】《本》渥美万奈《二》峰幸代
【伊予銀行】《本》對馬弥子《二》照喜名真季
バッテリー
トヨタ○三輪さくら、モニカ・アボット-馬場今日子、峰幸代
伊予銀行●内海花菜、庄司奈々-二宮はな

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第51回日本女子ソフトボールリーグ」1部第3節伊勢大会・第1日第1試合は、開幕節で快勝した後、第1節・第2節で4連敗を喫し、1勝4敗の伊予銀行 VERTZと、ここまで4勝1敗の同率2位、2年ぶりの「王座奪還」へ向け、「宿敵」ビックカメラ高崎 BEE QUEENを追走するトヨタ自動車 レッドテリアーズが対戦した。

 後攻のVERTZは初回、レッドテリアーズ・先発の三輪さくらの立ち上がりをとらえ、一死から2番・照喜名真季が左中間を破る二塁打を放ち、出塁。3番・二宮はなのサードゴロの間に二塁走者が三塁へ進み、4番・樋口菜美への4球目が痛恨のワイルドピッチとなり、VERTZが1点を先制した。

 しかし、その直後の2回表、レッドテリアーズはVERTZの先発・内海花菜に襲いかかり、この回先頭の6番・坂元令奈が四球で出塁。7番・古澤春菜の送りバントがエラーを誘い、8番・山下りらのショート内野安打で無死満塁。ここで9番・馬場今日子がキッチリとレフトへ犠牲フライを打ち上げ、三塁走者を迎え入れ、同点。本塁送球の間に、二塁走者が三塁へ、一塁走者が二塁へ進塁し、一死二・三塁のチャンスが続き、1番・アリソン・アギュラーがセンターへ弾き返す勝ち越しのタイムリー。二者が還り、逆に2点のリードを奪った。

 レッドテリアーズは5回表、四死球等で二死一・二塁とすると、1番・アリソン・アギュラーのセカンド内野安打の間に、二塁走者が一気にホームイン。4-1と3点差にリードを広げ、勝負を決めたかに見えた。

 3点を追うVERTZはその裏、敵失と9番・松成あゆみのピッチャー前へのバント安打で無死一・二塁とすると、1番・對馬弥子がレフトスタンドへ運ぶ同点スリーラン。チームを引っ張る「キャプテン」の「起死回生の一発」で試合を振り出しに戻した。

(※5回裏、VERTZは「キャプテン」對馬弥子の一振りで4-4の同点に追いつく!)
 
 同点に追いつかれたレッドテリアーズは6回表、一死から5番・渥美万奈がワンボール・ツーストライクと追い込まれながらも、センター頭上を越えるソロホームラン。「女子TOP日本代表」にも名を連ねる「実力者」が、VERTZの「希望」を打ち砕く、貴重な「一発」を放った。

(※6回表、レッドテリアーズは渥美万奈が決勝のソロホームランを放つ!)
 
 VERTZは6回裏、この回先頭の7番・正木朝貴がライト前ヒットを放ち、出塁。8番・金澤美優の犠打で得点圏に走者を進め、「一打同点」の場面を作ったが、ここでレッドテリアーズベンチが動き、「切り札」モニカ・アボットを投入。9番・松成あゆみが不正打球で二死となり、前の打席で同点本塁打を放っている1番・對馬弥子との「勝負」となったが、空振り三振に斬って取る「貫禄」のピッチングでモニカ・アボットに軍配が上がり、最終回も二死から四球の走者を出したものの、最後の打者を空振り三振に打ち取り、試合終了。レッドテリアーズが5-4で逃げ切り、通算成績5勝1敗とし、同率2位の座を守った。

 敗れたVERTZは開幕節での勝利の後、5連敗と苦しんでいる。試合内容は決して悪くなく、この試合でも先制し、逆転を許した後も一度は同点に追いつく粘りも見せた。昨シーズン、5勝を挙げた「左のエース」内海花菜に未だ勝ち星がなく、第2節まで防御率5.42と昨シーズンに比べ4点近く数字を落としている。この試合でも5失点(自責点4)。「右のエース」庄司奈々がチーム唯一の「1勝」を挙げ、防御率1.43と踏ん張りを見せているだけに、「左のエース」の復調がカギとなりそうだ。また、それを援護する打線の「奮起」を期待したいところ。第2節までのチーム打率は1割9分8厘と振るわなかったが、この試合では9安打を放ち、上昇気配。これが打線復調のキッカケとなってくれればいいのだが……。


1067
2018
5
19
05
19
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes     ファミスタ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc