1部リーグ 第2節 20180512日()太陽誘電 VS SGホールディングス

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】藤田倭
敗戦投手【SGH】カーヤ・パーナビー
打撃成績 【SGH】 
【太陽誘電】《本》藤田倭、佐藤みなみ
バッテリー
SGH●カーヤ・パーナビー-山科真里奈
太陽誘電○藤田倭-佐藤みなみ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第51回日本女子ソフトボールリーグ」1部第2節福岡大会・第1日第2試合は、開幕から「まさか……」の3連敗。想定外の苦しいスタートなった太陽誘電 ソルフィーユと、ここまで2勝1敗、「悲願」の決勝トーナメント進出を果たすためにも、上位を争うと見られる「ライバル」を直接対決で叩き、勝ち星を積み上げたいSGホールディングス ギャラクシースターズが対戦した。
 
 ギャラクシースターズはカーヤ・パーナビー、ソルフィーユは藤田倭と両チームとも「エース」を立て、「必勝」を期したこの試合、ソルフィーユが「一発攻勢」で先手と取った。
 
 ソルフィーユは2回裏、この回先頭の4番・藤田倭が初球を狙い打ち。センター頭上を越える豪快な先制のソロホームランを放ち、自らのバットで先取点を奪った。

(※2回裏、ソルフィーユは「驚異の二刀流」藤田倭のソロホームランで先取点!)
 
 これで勢いづいたソロフィーユは一死後、6番・佐藤みなみがレフトスタンドへソロホームランを放ち、貴重な追加点。好投手・カーヤ・パーナビーを攻略し、効果的な「一発攻勢」で、この回2点のリードを奪った。
  
 一方、ギャラクシースターズはソルフィーユの先発・藤田倭を打ちあぐみ、試合開始直後に1番・柳瀬友紀が安打を放った後はノーヒット。最終回、2つの四球で「長打が出れば同点」「ホームランが出れば逆転」の場面を作ったが、最後の打者がピッチャーゴロに倒れ、無念の完封負け。通算成績2勝2敗の勝率5割となってしまった。
 
 勝ったソルフィーユは開幕4試合目にして、ようやく今シーズン初勝利。「驚異の二刀流」藤田倭が投げては1安打完封。打っては先制ホームランと大活躍。「大黒柱」の投打にわたる獅子奮迅の活躍で嬉しい今シーズン初勝利を挙げた。
 開幕3連敗を喫したとはいえ、2年連続準優勝の実績を誇る「地力」のあるチーム。この「1勝」が「本来の姿」を取り戻し、「逆襲」へと転じる「1勝」となるか、注目したい。


1058
2018
5
12
05
12
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc