1部リーグ 第2節 20180512日()Honda VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
敗戦投手【ホンダ】常盤紫文
打撃成績 【戸田中央】《二》坂本結愛
【ホンダ】《本》山田静佳《二》佐野由貴美
バッテリー
戸田中央中村美樹、五味彩華、○ジョーダン・テーラー-坂本結愛
ホンダジェイリン・フォード、稲垣葵衣、長谷川朋子、●常盤紫文-田井静華

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第51回日本女子ソフトボールリーグ」1部第2節豊田大会・第1日第1試合は、ここまで開幕3連敗と元気なく、早く「今シーズン初勝利」を手にし、「連敗」のトンネルから抜け出したいHonda Revertaと、通算成績2勝1敗、決勝トーナメント進出を狙うためには、確実に星を上積みしておきたい戸田中央総合病院 Medicsが対戦した。
 
 Revertaは3回裏、Medics・先発の中村美樹を攻め、一死から1番・芝崎恵梨がセンター前ヒットを放ち、出塁すると、続く2番・山田静佳がセンター頭上を越える先制のツーランホームラン! 試合の均衡を破る一発を放った。

(※Revertaは3回裏、山田静佳のツーランホームランで2点を先制!)
 
 Revertaは5回裏にも、この回先頭の1番・芝崎恵梨がサード前へセーフティーバントを決め、出塁すると、犠打で二塁へ進め、二死後、4番・胡子路代がライト前にタイムリー。二塁走者が還り、3点目を挙げた。
 
 一方、MedicsはRevertaの先発・ジェイリン・フォード、2番手・稲垣葵衣へとつなぐ投手リレーの前にチャンスは作るものの、決定打を奪えず、6回まで無得点。最終回を迎え、しかも3点差とあっては、Revertaの「今シーズン初勝利」は間違いないものと思われた。
 しかし、ここからMedicsが驚異的な粘りを見せ、Revertaの守備の乱れにもつけ込み、一死一・三塁の反撃機を作ると、Revertaはこの回のアタマから登板していた左腕・長谷川朋子に代え、右の常盤紫文を投入。結果的には、この交代が「裏目」となり、1番・坂本結愛のタイムリーツーベースで二者を迎え入れ、アッという間に1点差。2番・水戸久瑠実が四球を選んでつなぎ、二死後、4番・本間紀帆が「執念」の三塁強襲安打を放ち、土壇場で3-3の同点に追いつき、試合は延長タイブレーカーへともつれ込んだ。
 
 こうなると試合はMedicsのペース。Medicsは延長8回表、タイブレーカーの走者を手堅く犠打で三塁へ進めると、6番・上原依万里の2球目のスクイズを敢行。これが見事に決まり、1点を勝ち越した。

(※延長8回表、Medicsは一死三塁から上原依万里がスクイズを決め、決勝点を挙げる)
 
 1点を勝ち越したMedicsは同点に追いついた7回裏から登板した「エース」ジョーダン・テーラーがReverta打線の前に仁王立ち。7回裏は三者凡退、1点リードの8回裏は三振ゲッツーの後、安打を許したものの、落ち着いて最後の打者をサードゴロに打ち取り、ゲームセット。驚異的な粘りで逆転勝利を収め、通算成績を3勝1敗とし、上位戦線に絡む勢いを見せている。

  敗れたRevertaは未だ勝ち星なしの開幕4連敗。12チームで唯一勝ち星がなく、単独最下位となってしまった。「今日こそ初勝利を!」と、終盤まで理想的な試合展開を見せながら……。終盤、「悪夢」のような逆転負けを喫し、今シーズン初勝利は「幻」となってしまった。

1055
2018
5
12
05
12
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes     ファミスタ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc