1部リーグ 第1節 20180429日()戸田中央総合病院 VS 太陽誘電

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
敗戦投手【太陽誘電】藤田倭
打撃成績 【太陽誘電】《三》河野美里
【戸田中央】《二》松本由佳
バッテリー
太陽誘電●藤田倭-佐藤みなみ
戸田中央○ジョーダン・テーラー-坂本結愛

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第51回日本女子ソフトボールリーグ」1部第1節岐阜大会・第2日第1試合は、前日の大垣 ミナモ戦に先発・五味彩華の力投と小沢佳那子の満塁ホームランで7-0と快勝。今シーズン初勝利を挙げた戸田中央総合病院 Medicsと、開幕節では「世界のエース」上野由岐子に完封負けを喫し、前日のデンソー ブライトペガサス戦では、最終回に4点差をひっくり返され、「まさか……」の連敗。早く「初白星」のほしい太陽誘電 ソルフィーユが対戦した。
 
 先攻のソルフィーユは初回、Medics・先発のジョーダン・テーラーの立ち上がりを攻め、1番・原田のどかが詰まりながらもライト前に落とすポテンヒット。2番・山本晴香が手堅く送り、3番・河野美里のライトフライで二塁走者がタッチアップから三塁へ進塁。4番・藤田倭が四球で歩いた後、5番・大塚枝里香が追い込まれながらもしぶとく一・二塁間を破るタイムリーを放ち、三塁走者を迎え入れ、ソルフィーユが先手を取った。

(※ソルフィーユは初回、二死一・三塁から大塚枝里香のタイムリーで先取点!)
 
 しかし……ソルフィーユの先発・藤田倭がピリッとしない。その裏、Medicsの攻撃、一死後、死球の走者を出すと、送りバントで得点圏に走者を進められ、4番・本間紀帆、5番・水戸久瑠実に連打を浴び、あっさり同点に追いつかれてしまった。

 1-1の同点で迎えた3回表、ソルフィーユは2番・山本晴香がセカンド内野安打で出塁。3番・河野美里がバントの構えからバスターに切り替え、三遊間を破り、無死一・二塁とチャンスを広げ、4番・藤田倭は無死一・二塁とはいえ、当然のごとく「強攻策」。ショートゴロで「ゲッツーか……」と思われたが、二遊間のコンビの息が合わず、ダブルプレーを狙ったセカンドの一塁送球が悪送球となり、二塁走者が一気にホームイン。労せずして1点を勝ち越した。

 再び1点をリードされたMedicsは5回裏、この回先頭の8番・松本由佳がライナーで左中間を切り裂くツーベースを放ち、チャンスを作ると、次打者の送りバントは小フライとなり、二塁走者はスタートを躊躇したが、ワンバウンドしたのを確認し、一塁への送球の間に三塁へ進塁(記録は犠打)。ここで1番・サム・フィッシャーがワンボール・ツーストライクと追い込まれながらもライト前にしぶとく落とす同点のタイムリー。試合を振り出しに戻した。

 試合は2-2の同点のまま、延長タイブレーカーに突入。8回表、ソルフィーユがタイブレーカーの走者を三塁まで進めながら、サインミスか、三塁走者が飛び出し、捕手からの牽制球でタッチアウト。得点のチャンスを逃すと、その裏、Medicsは同様にタイブレーカーの走者を確実に送りバントで三塁へ進めると、6番・田中江理奈の初球、藤田倭が投じた114球目が「まさか……」のパスボールとなり、試合終了。

(※延長8回裏、Medicsは一死三塁からパスボールで三塁走者がサヨナラのホームイン!)
 
 勝ったMedicsは2勝1敗。従前であれば、前日の大垣 ミナモ戦に「エース」ジョーダン・テーラーを登板させ、確実に勝ち星を稼ぎ、まずは「1部リーグ残留」を考えるような「消極的」な戦術・戦略が目立つチームであったが、今シーズンは2年連続準優勝のソルフィーユに「エース」をぶつけ、上位進出、決勝トーナメント進出を狙う「積極策」に舵を切った。その田上美和監督の「志」「意気込み」が選手・チームにも確実に伝わり、2年連続準優勝のチームを倒す「大金星」を挙げた。

 敗れたソルフィーユは「まさか……」の3連敗。リードしても「エース」藤田倭が守り切れず、最後は痛恨のパスボールで自滅。まったく「想定外」のスタートとなり、悲願の「リーグ優勝」どころか、決勝トーナメント進出すら危うくなる開幕3連敗を喫した。

1047
2018
4
29
04
29
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes     ファミスタ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc