1部リーグ 第1節 20180428日()ビックカメラ高崎 VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【BIC】濱村ゆかり
敗戦投手【ホンダ】ジェイリン・フォード
打撃成績 【ホンダ】《二》森山遥菜
【BIC】 
バッテリー
ホンダ●ジェイリン・フォード-田井静華
BIC勝股美咲、〇濱村ゆかり-我妻悠香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第51回日本女子ソフトボールリーグ1部」第1節沖縄大会第1日第2試合は、開幕節、昨年の「決勝トーナメント・決勝」の「再現」となった太陽誘電 ソルフィーユ戦で「世界のエース」上野由岐子が6回まで一人の走者も許さぬパーフェクトピッチング。最終回、先頭打者に安打され、大記録の達成こそ逃したものの、被安打3・奪三振13のほぼ「完璧」なピッチングで3-0の完封勝利を飾ったビックカメラ高崎 BEE QUEENと、伊予銀行 VERTZに2-7と完敗。連敗スタートだけは避けたいHonda Revertaが対戦した。

 BEE QUEENはこの試合、先発に「期待の大物ルーキー」勝股美咲を起用。「上野由岐子二世」の呼び声高い「逸材」が「日本リーグデビュー」を飾り、その立ち上がり、二死走者なしから3番・森山遥菜にレフト線を破るツーベースを打たれたものの、後続をファーストフライに打ち取り、無失点の滑り出しを見せた。

 「期待の大物ルーキー」のデビュー戦を勝利で飾ろうと、BEE QUEEN打線はその裏、すぐに援護。1番・森さやかが四球を選び、出塁すると、2番・市口侑果の送りバントで二塁へ進み、二死後、4番・山本優がセンター前へ先制タイムリー! 開幕節に続き、「主砲」のバットがいきなり火を噴き、BEE QUEENが鮮やかな先制攻撃で幸先良く1点を先取した。

 1点を追うRevertaは3回表、この回先頭の9番・永友遥がセカンドの左横を抜くヒットで出塁。一死後、2番・山田静佳の送りバントで二死ながら走者を二塁へ進め、3番・森山遥菜がセンター前ヒットを放つと、この打球の処理を焦ったか、センターが後逸する間に二塁走者が生還。1-1の同点に追いついた。

(※3回表、1点を追うRevertaは二死二塁から森山遥菜のセンター前ヒットに守備の乱れが絡み、同点に追いつく)
 
 1-1の同点で迎えた5回裏、BEE QUEENは8番・我妻悠香の四球、9番・藤本麗の送りバントで二死二塁と、二死ながら勝ち越しのチャンスを作ると、1番・森さやかのショートへの打球が相手のエラーを誘い、一・三塁とさらにチャンスを広げ、2番・市口侑果のセカンドゴロがまたもやエラーとなり、1点を勝ち越し。2-1とリードすると、続く6回裏には、4番・山本優がまたしても相手エラーで出塁。5回表より糟谷舞乃に代わり、ライトのポジションに入っていた5番・北口美海のセーフティーバントが内野安打となり、無死一・二塁と攻め立て、6番・内藤実穂が手堅く送り、一死二・三塁とした後、7番・中西舞衣がレフト前へ勝負を決めるタイムリー! 三塁走者が還り、3-1とリードを広げた。

(※6回裏、BEE QUEENは一死二・三塁から中西舞衣がタイムリーを放ち、3-1とリード)
 
 このリードを3回表二死からロングリリーフした濱村ゆかりが守り切り、3-1で開幕「連勝」。濱村ゆかりは4回1/3を投げ、被安打2・奪三振4の力投。先発の「ルーキー」勝股美咲がReverta打線につかまり、3回表に同点に追いつかれ、なお二死一・三塁という厳しい場面での登板となったが、日本リーグ5年目を迎えた「先輩」が「ルーキー」に「キャリアと貫禄」を見せつけ、Reverta打線に追加点を許さず、3-1で辛勝。開幕「連勝」を飾った。
 
 敗れたRevertaは3回表、昨シーズンの「本塁打王」森山遥菜の一打等で同点に追いつく等、相手を上回る6安打を放ちながら、得点は3回表の1点のみ。「ここぞ!」という場面で決定打を欠き、守備の乱れから「自滅」する形で決勝点を献上。惜しい試合を落としてしまった。

1046
2018
4
28
04
28
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc