1部リーグ 第1節 20180428日()豊田自動織機 VS 日立

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日立】小薗美希
敗戦投手【豊田織機】ケイラニ・リケッツ
打撃成績 【日立】《二》那須千春
【豊田織機】《本》中森菜摘
バッテリー
日立○小薗美希-清原奈侑
豊田織機海部栞菜、●ケイラニ・リケッツ-永溝早紀

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第51回日本女子ソフトボールリーグ」1部第1節愛媛大会・第1日第1試合は、開幕節でトヨタ自動車 レッドテリアーズの「絶対的エース」モニカ・アボットに1安打完封負けを喫した豊田自動織機 シャイニングベガと、こちらもデンソー ブライトペガサスと息詰まる投手戦を展開しながら、延長タイブレーカーの末、1-6で敗れた日立 サンディーバが対戦した。
 
 シャイニングベガは初回の守りにつくと、試合開始と同時にFP・海部栞菜のピッチャーの守備をDP・ケイラニ・リケッツが兼務。「実質的な先発投手」としたが、この立ち上がりをサンディーバが攻め、一死から2番・松岡くるみがセカンド内野安打で出塁。二死後、「4番」に入った那須千春が先制のタイムリーツーベース! サンディーバが鮮やかな先制攻撃を見せ、初回に1点を先制した。
 
 シャイニングベガもその裏、すぐに反撃。サンディーバ・先発の小薗美希に先頭打者、2番打者が打ち取られ、二死走者なしとなったが、3番・中森菜摘がライトスタンドへ運ぶ同点のソロホームラン。「一振り」で試合を振り出しに戻した。

(※1点を追うシャイニングベガは初回、中森菜摘の「一振り」で同点に追いつく!)
 
 1-1の同点で迎えた2回表、サンディーバはこの回先頭の6番・田邊奈那の死球、犠打で一死二塁とし、8番・松本怜奈の二遊間を抜くタイムリーで1点を勝ち越し。

(※サンディーバは2回表、一死二塁から松本怜奈のタイムリーで2-1と勝ち越し)
 
 なお一死二塁のチャンスが続き、ワイルドピッチで走者を三塁へ進めた後、9番・倉本美穂にもタイムリーが飛び出し、この回2点を勝ち越し、3-1とリードを奪った。
 
 サンディーバは5回表にも、この回先頭の2番・松岡くるみが四球で出塁し、内野ゴロ、ワイルドピッチ等で二死ながら三塁まで走者を進めると、5番・木村千春がライト前に運ぶタイムリー。三塁走者を迎え入れ、4-1と3点差にリードを広げた。
 
 一方、シャイニングベガは初回に中森菜摘のホームランで同点に追いつき、2回以降も毎回走者を出しながら、「あと一本」が出ず、1点止まり。ストレスの溜まる試合展開で「開幕連敗」を喫した。
 
 勝ったサンディーバは今シーズン初白星。先発・小薗美希が「持ち味」を発揮し、走者を背負いながらも決定打を許さず、打線もしぶとく得点を重ね、4-1で快勝! 1勝1敗の勝率5割に戻した。

1043
2018
4
28
04
28
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes     ファミスタ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc