1部リーグ 開幕節 20180401日()SGホールディングス VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【SGH】カーヤ・パーナビー
敗戦投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
打撃成績 【戸田中央】《二》坂本結愛
【SGH】《本》田中瑠莉《二》中村光里
バッテリー
戸田中央中村美樹、●ジョーダン・テーラー - 坂本結愛
SGH○カーヤ・パーナビー - 山科真里奈

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第51回日本女子リーグ1部開幕節」の最終試合となる第2日第3試合では、SGホールディングス ギャラクシースターズと戸田中央総合病院 Medicsが激突。

 Medics・中村美樹、ギャラクシースターズ・カーヤ・パーナビー両投手の先発で試合がスタートした。

 先手を取ったのはMedics。2回表、この回先頭の4番・坂本結愛が右中間へのツーベースで出塁。次打者のレフトフライでタッチアップし、三塁に進むと、6番・小沢佳那子の打席の初球ですかさずヒットエンドランを敢行! これが成功し、本塁を陥れ、1点を先制した。

(※Medicsは2回表、4番・坂本結愛が右中間へツーベースを放つ等、チャンスメイク。三塁進塁後、6番・小沢佳那子の打席でヒットエンドランを成功させ、1点を先取)

 初回、2回裏と続けてチャンスを逃していたギャラクシースターズも4回裏に反撃。一死一塁の場面から6番・中村光里が左中間を破るツーベースを放ち、この間に代走・水津佳那英が俊足をとばして一気に本塁生還。1−1の同点に追いついた。

 流れを引き寄せたギャラクシースターズは、続く5回裏にもこの回先頭の9番・田中瑠莉がライト線を破る当たりを放ち、これが「ランニングホームラン」となってついに逆転に成功!!

(※ギャラクシースターズは5回裏、9番・田中瑠莉の当たりが「ランニングホームラン」となり、逆転に成功した)

 守っては、先発登板したエース・カーヤ・パーナビーが最後まで「大崩れしない」粘りのピッチングを展開。被安打3、失点は2回表の1点のみ(最少失点)と「エースとしての責任を果たす」投球内容で、リードを守り抜き、完投勝利。2-1でMedicsを振り切り、開幕白星発進となった。

 一方、Medicsは先手を取りながらも最後は接戦に競り負け、開幕節を勝利で飾れず……。土壇場の7回表に2番・上原依万里、4番・坂本結愛のヒットで一死一・二塁のチャンスを作ったものの、後続が空振り三振、レフトフライに打ち取られ、万事休す。悔しい逆転負けを喫し、白星スタートとはいかなかった。

1040
2018
4
1
04
01
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes     ファミスタ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc