1部リーグ 開幕節 20180401日()伊予銀行 VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【伊予銀行】庄司奈々
敗戦投手【ホンダ】ジェイリン・フォード
打撃成績 【ホンダ】《二》永友遥、藤家菜々子、山田静佳
【伊予銀行】《本》矢野輝美《二》正木朝貴
バッテリー
ホンダ●ジェイリン・フォード、稲垣葵衣 - 田井静華
伊予銀行内海花菜、○庄司奈々 - 二宮はな

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第51回日本女子リーグ1部開幕節」第2日第1試合は、伊予銀行 VERTZとHonda Revertaが対戦。
 
 試合はReverta・ジェイリン・フォード、VERTZ・内藤花菜の両投手が先発し、スタート。後攻のVERTZは初回、四球と2本のヒットでいきなり二死満塁と攻め立て、続く6番・正木朝貴、7番・金澤美優が連続四球。いずれも押し出しで労せずして2点を先制すると、3回裏には前の回の途中で代わったRevertaの2番手・稲垣葵衣を攻め、一死一塁から6番・正木朝貴の左中間へのタイムリーツーベースで1点を追加。リードを広げ、試合の主導権を握った。  

 VERTZは2点を返され、1点差に迫られた直後の4回裏にも、1番・對馬弥子が三遊間を破るヒットで出塁。一死後、犠打失策、盗塁で二・三塁とし、4番・池田千沙のセンター前に落とすタイムリーで一気に二者が生還、さらに5番・矢野輝美もヒット、盗塁で再び二・三塁とした後、6番・正木朝貴がセンターへキッチリと犠牲フライを打ち上げ、この回3点目を追加。

(※Revertaは3点を追う4回表に2点を返し、1点差に詰め寄ったが……)


(※2点を返された直後の4回裏、VERTZが一死二・三塁から4番・池田千沙の2点タイムリーで突き放す!)

 終盤6回裏には、二死から5番・矢野輝美がセンターへダメ押しのソロホームランを叩き込み、7点目を奪い、勝利を決定的なモノとした。

 守っては、内海花菜、庄司奈々とつなぐ投手リレーでHonda打線の反撃を4回表の2点のみに止め、7-2で快勝。要所での「打線の活躍」が光り、開幕白星スタートを飾った。

 一方、敗れたRevertaは投手陣が初回に早々と失点する等、試合のリズムをつかめず……。結果的に序盤(3回まで)の3失点が最後まで響く形となり、終始「劣勢」な展開で完敗。大事な初戦を飾ることができず、黒星発進となってしまった。

1038
2018
4
1
04
01
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes     ファミスタ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc