1部リーグ 開幕節 20150418日()太陽誘電 VS 豊田自動織機

後攻

太陽誘電

12345678910111213R
豊田織機             
太陽誘電             

20150418日(15:45 ナゴヤドーム

先攻

豊田自動織機

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】ケイラニ・リケッツ
敗戦投手【太陽誘電】藤田倭
打撃成績 【豊田織機】《本》ケイリン・キャスティーヨ、山科麻由佳
【太陽誘電】《本》佐藤みなみ《二》原田のどか
バッテリー
豊田織機○ケイラニ・リケッツ-ケイリン・キャスティーヨ
太陽誘電●藤田倭-佐藤みなみ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打


 昨シーズン、3位で決勝トーナメント進出を果たしながら、4位の豊田自動織機に決勝トーナメントの初戦で敗れ、最終順位を4位に落とした太陽誘電と、太陽誘電に勝ち、最終順位を3位に上げた豊田自動織機が対戦した。
 
 豊田自動織機が「剛腕」ケイラニ・リケッツ、太陽誘電が「驚異の二刀流」藤田倭を先発に立て、試合がはじまった。
 
 豊田自動織機は2回表、この回先頭の5番・中森菜摘がセンター前ヒットで出塁。6番・国吉早乃花が確実に送り、7番・佐藤光紗のセンター前ヒットで一・三塁とし、一塁走者がすかさず盗塁。一死二・三塁と攻め立て、8番・ケイリン・キャスティーヨがレフトスタンドへライナーで突き刺す、スリーランホームラン(写真は、2回表、先制のスリーランホームランを放ち、迎えられる豊田自動織機・ケイリン・キャスティーヨ)。豊田自動織機が3点のリードを奪った。
 
 一方、太陽誘電は3回裏の二死一・二塁、4回裏の一死一・二塁、5回裏の無死二塁、6回裏の一死二・三塁と毎回のように得点圏に走者を進めながら、「剛腕」ケイラニ・リケッツに要所を締められ、どうしても得点を挙げるとことができない。
 
 逆に豊田自動織機は7回表、DPとしてスタメン起用されていた9番・山科麻由佳が5回表の攻撃で安打で出塁した際、代走を送られ(FP・高坂香月が代走としてDPを兼務)、いったん試合から退いていたが代打として再出場し、ダメ押しのツーランホームラン。粘る太陽誘電の息の根を止めた。
 
 太陽誘電もその裏、キャプテン・佐藤みなみがレフトスタンドへソロホームランを放ち、完封こそ免れたものの、反撃もここまで。上位を争うと見られる「ライバル」を相手に痛い「完敗」を喫してしまった。

458
2015
4
18
04
18
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc