1部リーグ 開幕節 20150418日()デンソー VS Honda

後攻

デンソー

12345678910111213R
ホンダ             
デンソー             

20150418日(13:00 ナゴヤドーム

先攻

Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【デンソー】ジャクリン・トレイナ
敗戦投手【Honda】モーガン・メロー
打撃成績 【ホンダ】 
【デンソー】《本》永吉理恵
バッテリー
ホンダ●モーガン・メロー-田井静華
デンソー○ジャクリン・トレイナ、近藤光、ジャクリン・トレイナ-鬼澤麻純

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打


 昨シーズン、同率3位に並びながらリーグ規定(同率チームで並ぶチーム同士の直接対決での勝敗の差)で5位に甘んじたデンソーと、このところ毎年二桁以上の勝ち星を挙げながら決勝トーナメント進出を果たせずにいる6位のHondaとの対戦は、Hondaがモーガン・メロー、デンソーが「期待の新外国人投手」ジャクリン・トレイナを先発に立て、試合がはじまった。

 デンソー期待のジャクリン・トレイナは、三者連続三振の絶好調の立ち上り。チームの士気を高め、「勢い」を与えると、その裏、二死走者なしから3番・鬼澤麻純が四球を選び、「主砲」永吉理恵につなぎ、その永吉理恵が「日本代表」の世界選手権連覇、アジア大会4連続金メダル獲得に貢献した「実力者」らしく、先制のツーランホームラン。スタンドを真っ赤に染めた5000人の大応援団の熱い声援に応え、デンソーが2点のリードを奪った。

 勢いに乗るデンソーは3回裏、一死から「切り込み隊長」1番・増山由梨が二遊間を破るヒットで出塁すると、2番・川畑瞳もセンター前ヒットでつなぎ、3番・鬼澤麻純の初球にダブルスチールを敢行。「超攻撃型チーム」らしい積極果敢な攻めでチャンスを広げ、二死後、先制ツーランを放っている4番・永吉理恵が故意四球で歩かされ、満塁。5番・ジャクリン・トレイナへの2球目が死球となり、押し出し。デンソーが貴重な追加点を挙げた。

 一方、Hondahaは4回表、1番・胡子路代が三遊間への安打で出塁。一死後、3番・バレリエ・アリオトの三塁への強烈な当たりがエラーを誘い、4番・森山遥菜の四球で一死満塁。5番・又吉薫のショートゴロで二塁走者が三塁封殺される間に、三塁走者が還り、1点を返した。

 Honadaは最終回にも、2本の安打に四球を絡めて1点を返し、1点差に詰め寄り、なお一死一・二塁の一打同点、長打が出れば逆転のチャンスが続いたが、期待の「現役アメリカ代表」3番・バレリエ・アリオト、桁外れの飛距離を誇る「若き長距離砲」4番・森山遥菜が凡退。「あと一本」が出ず、3-2で惜しい試合を落した(写真は、3-2で逃げ切り、抱き合って喜ぶジャクリン・トレイナ、鬼澤麻純のデンソーバッテリー)。

457
2015
4
18
04
18
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc