1部リーグ 決勝トーナメント 20171105日()太陽誘電 VS ビックカメラ高崎

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【BIC】上野由岐子
敗戦投手【太陽誘電】藤田倭
打撃成績 【BIC】《本》内藤実穂《二》森さやか
【太陽誘電】 
バッテリー
BIC○上野由岐子-我妻悠香
太陽誘電●藤田倭-佐藤みなみ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ」1部決勝トーナメントは、愛知県名古屋市・ナゴヤドームを会場に行われ、大会第2日(11月5日/日)・第2試合は、前日(11月4日/土)、「宿敵」トヨタ自動車 レッドテリアーズを劇的な「逆転サヨナラ」で破り、一足先に「決勝」進出を決めていたビックカメラ高崎 BEE QUEENと、ビックカメラ高崎 BEE QUEENに敗れ、敗者復活戦に回ったトヨタ自動車 レッドテリアーズとの「3位決定戦」に2-1で競り勝ち、決勝に駒を進めた太陽誘電 ソルフィーユが「優勝」をかけ、激突した。
 
 先攻のBEE QUEENは初回、ソルフィーユの先発・藤田倭の立ち上がりを攻め、1番・森さやかが左中間を痛烈に破る二塁打を放ち、出塁。2番・市口侑果が手堅く送り、走者を三塁へ進め、二死後、4番・山本優がしぶとくライト前に運ぶタイムリー。鮮やかな先制攻撃で先手を取った。

(※先攻のBEE QUEENは初回、4番・山本優のタイムリーで先取点!)
 
 ソルフィーユもその裏、すぐに反撃に転じ、BEE QUEENの先発・上野由岐子を果敢に攻め、1番・原田のどかが積極的に狙い、センター前にはじき返す安打で出塁。2番・山本晴香は送りバントの構えから強打に切り替え、ナゴヤドームの人工芝の「特性」を活かして叩きつけた打球はショート前に高いバウンドで転がる内野安打。無死一・二塁と攻め立てたが、3番・河野美里の送りバントはファーストへの小フライとなり、一死。4番・藤田倭の火の出るような当たりはセンター・小松美樹に好捕され、走者は動けず、二死となり、この決勝トーナメントで大活躍の5番・佐藤みなみのバットに期待がかかったが、ファーストファウルフライに倒れ、無得点。チャンスを活かすことができなかった。

(※1回裏、ソルフィーユは無死一・二塁の反撃機をつかむも後続なく……無得点に終わる)
 
 追加点のほしいBEE QUEENは4回表、二死走者なしから6番・内藤実穂がセンター頭上を越えるソロホームラン! 打った瞬間、「ホームラン!」とわかる会心の当たりで1点を加え、6回表にも二死走者なしから5番・糟谷舞乃の死球、6番・内藤実穂のレフト前ヒット、代打・降矢香の死球で満塁とし、8番・我妻悠香が二遊間を破るタイムリーを放ち、1点を追加。前日(11月4日/土)のトヨタ自動車 レッドテリアーズ戦の逆転サヨナラのタイムリーを再現するかのような一打で3点差にリードを広げた。
 
 BEE QUEEN・先発の上野由岐子は、初回こそ危ない場面もあったものの、味方打線の着実な援護もあり、尻上がりに調子を上げ、2回以降はわずか2安打にソルフィーユ打線を抑え込み、3-0とリードして迎えた最終回は三者連続三振のフィナーレ! 「世界のエース」の実力を見せつけ、見事な完封で2年ぶりの「王座奪還」、「ビックカメラ」として2度目、通算11度目の「日本リーグ制覇」に花を添えた。

(※BEE QUEENのエース・上野由岐子は、最終回、三者三振で締めくくり、2年ぶりの「王座奪還」に花を添えた)
 
 敗れたソルフィーユは2年連続の準優勝。昨シーズン、「完敗」を喫したトヨタ自動車 レッドテリアーズには雪辱を果たしたものの、「2強」を連破しての優勝はならず……。「世界のエース」上野由岐子の前に4安打完封負けを喫し、またしても「頂点」には手が届かず、24年ぶりの「栄冠」を手にすることはできなかった。

912
2017
11
5
11
05
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc