1部リーグ 決勝トーナメント 20171105日()太陽誘電 VS トヨタ自動車

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】藤田倭
敗戦投手【トヨタ】モニカ・アボット
打撃成績 【トヨタ】 
【太陽誘電】《本》佐藤みなみ
バッテリー
トヨタ●モニカ・アボット-峰幸代
太陽誘電○藤田倭-佐藤みなみ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ」1部決勝トーナメントは、愛知県名古屋市・ナゴヤドームを会場に行われ、大会第2日(11月5日/日)・第1試合は、前日(11月4日/土)、リーグ戦1位のビックカメラ高崎 BEE QUEENに「まさか……」の逆転サヨナラ負けを喫し、敗者復活戦に回ったリーグ戦2位のトヨタ自動車 レッドテリアーズと、3位・4位戦で豊田自動織機 シャイニングベガに5-1と快勝し、この「3位決定戦」に駒を進めた太陽誘電 ソルフィーユが「決勝進出」をかけ、激突した。
 
 レッドテリアーズ・モニカ・アボット、ソルフィーユ・藤田倭、両エースの投げ合いとなり、試合開始から緊迫した投手戦となった。
 先にチャンスをつかんだのはレッドテリアーズ。3回表、この回先頭の山本絵梨奈が四球を選び、出塁。すかさず代走・堤加菜子を送り、8番・峰幸代の送りバントがフィルダースチョイスとなり、無死一・二塁とチャンスを広げた。
 しかし、ここはソルフィーユの「エース」藤田倭が踏ん張り、9番・古澤春菜、1番・山下りらに走者を進めることすら許さず連続三振。二死とした後、2番・鈴木鮎美を四球で歩かせ、満塁となったが、3番・長崎望未の左中間フェンス際まで運ぶ打球をレフト・原田のどかが懸命に背走し、ナイスキャッチ。「エース」の力投に守備陣も好守で応え、ピンチを切り抜けた。
 
 両チーム無得点のまま、迎えた4回裏、ソルフィーユはこの回先頭の3番・佐藤みなみがドンピシャでとらえた打球はレフトスタンドへ一直線。レッドテリアーズの「絶対的エース」モニカ・アボットから貴重な先取点を挙げ、ソルフィーユが先手を取った。

(※4回裏、ソルフィーユは「キャプテン」佐藤みなみが2試合連発となる先制のソロホームランを放つ!)
 
 1点のリードをもらったソルフィーユ・藤田倭は、一球一球「集中力」を高め、鬼気迫るピッチング。5回表を三者凡退、6回表は二死から四球の走者を出したものの、後続をしっかりと抑え、リードを保った。
 
 追加点のほしいソルフィーユは6回裏、この回先頭の1番・原田のどかがレフト前ヒットを放ち、出塁。2番・河野美里が送りバントに備え、バントシフトを敷いていたサードの頭上を越す「絶妙」のプッシュバント。無死一・二塁とチャンスを広げ、3番・佐藤みなみのセンターフライで二塁走者がタッチアップから三塁へ進塁。一死一・三塁とした後、4番・藤田倭が飛距離十分の犠牲フライをレフトへ打ち上げ、三塁走者を迎え入れ、2点差にリードを広げた。
 
  「連覇」を狙う「王者」レッドテリアーズも最後まで粘り、6番・山崎早紀、再出場した7番・山本絵梨奈の連打で無死一・三塁の反撃機を作り、代走・塚本智名がすかさず盗塁。二・三塁と攻め立て、「一打同点」のチャンスを迎えたが、8番・峰幸代が空振り三振に倒れ、一死。9番・古澤春菜がレフトへ犠牲フライを打ち上げ、1点を返したが、1番・山下りらが空振り三振に倒れ、試合終了。

(※7回裏、「連覇」を狙う「王者」レッドテリーズは最後まで粘り、1点差に詰め寄ったが……)
 
 ソルフィーユは極限まで集中力を高め、一球一球に「細心」の注意を払い、力投を続けた「エース」藤田倭を打線もしっかりと援護。「キャプテン」佐藤みなみが「値千金」の一発を放てば、「投打の大黒柱」藤田倭も自らのバットで貴重な追加点を叩き出し、終始「先手」を奪う試合展開。「王者」レッドテリアーズの「連覇」の夢を打ち砕き、昨シーズンの「雪辱」を果たし、決勝進出を決めた。
 
 敗れたレッドテリアーズは、最後まで「王者」らしく堂々たる戦いを見せたが、8年連続で守り続けていた「レギュラーシーズン1位」の座を明け渡しただけでなく、同じく8年連続で続いていた「決勝進出」も逃し、3位でシーズンを終えることになった。

911
2017
11
5
11
05
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc