1部リーグ 決勝トーナメント 20171104日()太陽誘電 VS 豊田自動織機

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】藤田倭
敗戦投手【豊田織機】海部栞菜
打撃成績 【豊田織機】《本》佐藤みなみ、河野美里《二》原田のどか
【太陽誘電】 
バッテリー
豊田織機●海部栞菜、栗田美穂-ケイリン・キャスティーヨ
太陽誘電○藤田倭-佐藤みなみ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ」1部決勝トーナメントは、愛知県名古屋市・ナゴヤドームを会場に行われ、大会第1日(11月4日/土)・第2試合は、通算成績17勝5敗でリーグ戦3位の太陽誘電 ソルフィーユと、通算成績13勝9敗でリーグ戦4位の豊田自動織機 シャイニングベガがトーナメント「生き残り」をかけて対戦した。
 
 ソルフィーユは2回裏、シャイニングベガ・先発の海部栞菜をとらえ、この回先頭の5番・佐藤みなみが右中間へ運ぶ先制のソロホームラン。高々と打ち上げた滞空時間の長い打球がそのままフェンスを越え、ソルフィーユが先手を取った。

(※ソルフィーユは2回裏、「キャプテン」佐藤みなみのソロホームランで先取点!)
 
 これで勢いづいたソルフィーユは4回裏にも、この回先頭の7番・DPの尾崎望良が四球を選び、出塁すると、FP・石浜真実を代走に送り、8番・中溝優生が犠打で走者を二塁へ進め、二死後、1番・原田のどかが積極的に初球を狙い、右中間をライナーで切り裂く、タイムリーツーベース。1点を追加し、さらに代わった栗田美穂から2番・山本晴香がショート内野安打を放ち、二死一・二塁。ここで3番・河野美里が初球を狙い、センター頭上を越えるスリーランホームラン。「チームリーダー」の一発で勝利を決定づけ、この回4点を加え、5-0と大きくリードを奪った。
 
 一方、ソルフィーユの先発・藤田倭に無得点に抑えられていたシャイニングベガは、ようやく5回表、この回先頭の7番・神田結美の三塁前セーフティーバント、サードゴロエラーで無死一・二塁とし、二死後、2番・横野涼がライト前にタイムリー。横野涼のこの試合「猛打賞」となる3本目の安打で1点を返した。

(※5回表、シャイニングベガは横野涼のタイムリーで1点を返したが……)
 
 しかし、その後はソルフィーユ・藤田倭の力投の前に追加点を奪えず、5-1のまま、試合終了。ソルフィーユがトーナメントに生き残り、1位・2位戦に敗れ、敗者復活戦に回ったトヨタ自動車 レッドテリアーズと「決勝進出」をかけ、対戦することになった。
 
 敗れたシャイニングベガは「エース」ケイラニ・リケッツではなく、第9節滋賀大会でのソルフィーユとの対戦で1失点完投の好投を見せた海部栞菜を先発に起用。しかし、2回裏にソロホームランを浴びて先手を奪われ、4回裏に2点目を奪われたところで降板。2番手に栗田美穂を投入したが、こちらも河野美里に決定的なスリーランを浴びる等、ソルフィーユの勢いを止められず、完敗。2年ぶりの決勝トーナメントの舞台は初戦敗退という「苦い結果」に終わってしまった。

910
2017
11
4
11
04
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc