1部リーグ 予備 20171026日()太陽誘電 VS Honda

この試合の動画配信はありません
RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】藤田倭
敗戦投手【ホンダ】金尾和美
打撃成績 【ホンダ】《本》芝崎恵梨
【太陽誘電】《本》青木千春、佐藤みなみ《二》大塚枝里香
バッテリー
ホンダ●金尾和美、常盤紫文-田井静華
太陽誘電藤田倭、尾崎望良、森真里奈、○藤田倭-青木千春、佐藤みなみ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ」1部予備節は、第9節滋賀大会で悪天候のため、中止・順延となった2試合と、第10節徳島大会で中止・順延となった2試合、同じく10節山梨大会で中止・順延となった1試合の計5試合が静岡県伊豆市の天城ドーム・天城ふるさと広場野球場の2会場を使用して実施された。
 
 天城ふるさと広場野球場での第1試合は、ここまで16勝4敗で2位につける太陽誘電ソルフィーユと、通算成績8勝13敗のHonda Revertaが対戦した。
 
 後攻のソルフィーユは初回、Revertaの先発・金尾和美の立ち上がりを攻め、一死から2番・山本晴香が三遊間を破る安打を放ち、出塁。二死後、4番・藤田倭がストレートのフォアボールで歩き、一・二塁とした後、5番・大塚枝里香が右中間を破る走者一掃のタイムリーツーベース。初回に幸先良く2点を先制した。
 
 ソルフィーユは2回裏にも、7番・青木千春が左中間にソロホームラン。3点差にリードを広げ、4回裏には7番・青木千春のライト前ヒット、盗塁、犠打で一死三塁とし、9番・丸本里佳がライトへ犠牲フライを打ち上げ、三塁走者が生還。4-0とリードを奪った。
 
 一方、Revertaは「実質的な先発投手」尾崎望良(試合開始と同時にピッチャー・藤田倭の守備をDP・尾崎望良が兼務)に3回までノーヒットに抑えられていたが、5回表、前のイニングから登板していた森真里奈をとらえ、一死から7番・胡子路代、8番・大塚友紀の連打で一・二塁の反撃機を作り、9番・芝崎恵梨がライトスタンドへスリーランホームラン。アッという間に1点差に詰め寄った。
(※Revertaは5回表、芝崎恵梨のスリーランホームランで1点差に迫る!)
 
 1点差に詰め寄られたソルフィーユは6回表からOPO(打撃専門選手)となっていた藤田倭をピッチャーの守備に戻して登板させ、逃げ切りを図り、四球、犠打、内野安打、盗塁で一死二・三塁のピンチを招いたが、後続を空振り三振、セカンドフライに斬って取り、リードを保つと、その裏、藤田倭の登板に伴った途中出場した7番・佐藤みなみがレフトスタンドへソロホームラン。粘るRevertaを突き放した。
(※ソルフィーユは6回裏、佐藤みなみのソロホームランで5-3と2点差にリードを広げた)
 
 このリードを「エース」藤田倭が守り切り、通算成績を17勝4敗とし、明日(10月27日/金)、連覇を狙う「王者」トヨタ自動車 レッドテリアーズと決勝トーナメントを有利に戦うことのできる(敗者復活戦に回る権利を有する)「2位」の座をかけ、最終戦で激突することになった。
 
 敗れたRevertaは通算成績8勝14敗の9位(伊予銀行 VERTZと同率で並んだが、「直接対決」でRevertaがVERTZに連勝しているため、リーグ規程によりRevertaの順位が上となる)で今シーズンの全日程を終了した。

904
2017
10
26
10
26
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc