1部リーグ 第9節 20171014日()デンソー VS SGホールディングス

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【デンソー】エイミー・クレイガー
敗戦投手【SGH】カーヤ・パーナビー
打撃成績 【SGH】《本》柳瀬友紀
【デンソー】《本》山根すずか、テイラー・エドワーズ《三》川畑瞳《二》増山由梨、田中真紀子、竹林綾香
バッテリー
SGH●カーヤ・パーナビー、加藤あずさ-山科真里奈
デンソー辰巳舞衣、○エイミー・クレイガー-鬼澤麻純、竹林綾香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節豊岡大会、第1日第1試合は、前節終了時点で通算成績6勝12敗。同率9位で伊予銀行 VERTZと並ぶデンソー ブライトペガサスと、ここまで通算成績11勝7敗。同率4位で豊田自動織機 シャイニングベガと並び、「決勝トーナメント進出(リーグ戦4位以上)」に向け「激しい順位争い」を続けるSGホールディングス ギャラクシースターズが対戦した。

 先攻のギャラクシースターズは初回、一死一塁から3番・柳瀬友紀がワンボール・ツーストライクからの4球目をとらえ、ライトへツーランホームラン! ブライトペガサスの先発・辰巳舞衣に強烈な先制パンチを浴びせ、試合のペースを握ったかと思われた。

 しかし、2点を追うブライトペガサスは4回裏、この回先頭の3番・川畑瞳がレフト線を破るスリーベースを放ち、チャンスメイクすると、一死後、5番・田中真紀子のセカンドゴロがフィルダースチョイスとなる間に本塁へ生還。続く5回裏には、9番・山根すずかがセンターへソロホームラン、4番・テイラー・エドワーズもレフトへ豪快にツーランホームランを叩き込み、一挙3点を挙げ、逆転に成功した。リードを奪い、「勢い」に乗るブライトペガサスは6回裏にも一死三塁から9番・山根すずかの内野ゴロの間にダメ押しの5点目を追加。

(※5回裏、ブライトペガサスは9番・山根すずかのソロ、4番・テイラー・エドワーズのツーランホームランでこの回一挙3点を挙げ、逆転に成功!)

 守っては、辰巳舞衣、エイミー・クレイガーとつなぐ投手リレーでギャラクシースターズ打線に2回以降得点を許さず、わずか3安打に抑え込み、5-2で快勝。通算成績を7勝12敗とした。

 一方、ギャラクシースターズは初回に「キャプテンの一振り」で早々と先制点を挙げはしたものの、その後打線が沈黙。「大事な追加点」を奪うことができず、結局逆転負けを喫し、通算成績11勝8敗となった。

884
2017
10
14
10
14
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc