1部リーグ 第9節 20171014日()豊田自動織機 VS 太陽誘電

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】藤田倭
敗戦投手【豊田織機】海部栞菜
打撃成績 【太陽誘電】 
【豊田織機】 
バッテリー
太陽誘電○藤田倭-佐藤みなみ
豊田織機●海部栞菜-ケイリン・キャスティーヨ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節滋賀大会、第1日第1試合は、11勝7敗の同率4位、2年ぶりの決勝トーナメント進出に向け、「負けられない戦い」が続く豊田自動織機 シャイニングベガと、14勝4敗の単独3位につけ、この試合に勝つと決勝トーナメント進出が「確定」する(この試合に勝つと同率4位の豊田自動織機 シャイニングベガは8敗目となり、残り3試合を全勝し、太陽誘電ソルフィーユが残り3試合を全敗しても勝ち星で並ぶことができず、同じく同率4位に並ぶSGホールディングス ギャラクシースターズが残り4試合に全勝し、太陽誘電 ソルフィーユと同率で並んだとしても「直接対決」で連敗しており、リーグ規程で太陽誘電 ソルフィーユの順位が上となる)太陽誘電 ソルフィーユが対戦した。
 
 先攻のソルフィーユは初回、シャイニングベガの先発・海部栞菜の立ち上がりを攻め、一死から2番・山本晴香がセンター前ヒットで出塁。3番・河野美里が四球で歩き、一・二塁とし、二死後、5番・佐藤みなみも四球を選び、満塁と攻め立て、6番・大塚枝里香がフルカウントから3球ファウル粘った末の9球目が押し出しの四球となり、ソルフィーユが思わぬ形で先制点を挙げた。

(※1回表、二死満塁から6番・大塚枝里香が押し出しの四球を選び、1点を先制!)
 
 ソルフィーユの先発・藤田倭は、初回に二死二・三塁、3回裏に二死満塁のピンチを背負ったが、初回は後続を空振り三振、3回裏は見逃し三振に斬って取る「要所を締める」ピッチング。その後もシャイニングベガ打線につけ入る隙を与えず、わずか2安打に抑え込む「圧巻」のピッチングで最少得点差を最後まで守り切り、1-0の完封勝利。これで通算成績は15勝4敗と星を伸ばし、青森大会でトヨタ自動車 レッドテリアーズが戸田中央総合病院 Medicsに敗れたことで、同率2位に順位を1つ上げ、決勝トーナメント進出を「確定」させた。
 
 一方、豊田自動織機 シャイニングベガは初回、先発・海部栞菜の制球の乱れで3四球を与えてしまい、押し出しで失点。「自滅」する形となってしまったが、2回以降は海部栞菜も調子を取り戻し、ソルフィーユ打線を2安打に抑える力投を見せたものの、結局、初回の押し出しによる失点が決勝点となってしまい、0-1の完封負け。初回、3回裏と二度のチャンスを作ったものの、得点に結びつけることができなかった打撃面に課題が残り、これで通算成績は11勝8敗。同率4位でSGホールディングス ギャラクシースターズと並び、「決勝トーナメント進出圏内」に位置し、このまま同率であれば「直接対決」での勝敗、得失点差では差がつかないものの、総得失点差で有利な立場にあることに変わりはないが、それも「同率」の状態をキープすることが条件。負けられない「緊迫の状態」がまだまだ続くことになる。

882
2017
10
14
10
14
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc