1部リーグ 第9節 20171014日()トヨタ自動車 VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
敗戦投手【トヨタ】平原かすみ
打撃成績 【戸田中央】《本》坂本結愛《二》戸田実花
【トヨタ】《本》長崎望未、古澤春菜
バッテリー
戸田中央中村美樹、○ジョーダン・テーラー-坂本結愛
トヨタ田内愛絵里、●平原かすみ-馬場今日子、峰幸代

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節青森大会、第1日第1試合は、前節3連勝(※伊予銀行 VERTZ戦の勝利で決勝トーナメント進出(リーグ戦4位以上)を確定させた)を飾り、通算成績15勝3敗で首位・ビックカメラ高崎 BEE QUEENを追いかける2位・トヨタ自動車 レッドテリアーズと、前節3連敗を喫し、通算成績7勝11敗となった7位・戸田中央総合病院 Medicsが対戦した。
 
 先手を取ったのは、先攻のMedics。初回、レッドテリアーズの先発・田内愛絵里を攻め、1番・坂本結愛が二遊間を破るヒットで出塁。送りバントで二進し、3番・戸田実花のレフト線へのタイムリーツーベースで本塁へ生還、1点を先制すると、3回表にも2本のヒットと盗塁等で二死二・三塁のチャンスを作り、6番・田中江理奈のピッチャーゴロが内野安打となる間に2点目を追加。4回表には一死一塁から1番・坂本結愛がセンターへ鮮やかなツーランホームランを叩き込み、2点を加え、試合の主導権を握った。
 
 しかし、レッドテリアーズも4回裏、ここまでノーヒットに抑えられていたMedicsの先発・中村美樹に対し、無死一・二塁から3番・長崎望未がライトへ追撃のスリーランホームラン! アッという間に1点差に迫ると、二死後、6番・古澤春菜もレフトへソロホームランを突き刺し、この回一挙4点を挙げ、試合を振り出しに戻した。
 
 試合はこの後、両チーム決定打を欠く状況が続き、4-4のまま延長タイブレーカーへ突入。迎えた8回表、Medicsはタイブレーカーの走者を途中出場の5番・高橋亜珠美が送りバントで三塁へ進め、6番・田中江理奈の打席の2球目にヒットエンドランを敢行。これを田中江理奈が空振り、三塁走者が飛び出した状態となったが……この飛び出した走者を刺そうとしたレッドテリアーズの捕手・峰幸代の三塁への送球が若干逸れ、ベースカバーに入ったショート・渥美万奈も捕り損なうような形となり、ボールが後方へ転々とする間に再度三塁走者が本塁突入。本塁クロスプレーは間一髪セーフで、「幸運」にもMedicsが勝ち越し点を挙げた。

(※Medicsは8回表、一死三塁からヒットエンドランを敢行。失敗に終わったかと思われたが……相手守備の乱れにも助けられ、「幸運」な勝ち越し点を挙げた)
 

 守っては、先発・中村美樹に代わり、5回裏から登板したジョーダン・テーラーがその裏のレッドテリアーズの攻撃を三者凡退に抑え、5-4で勝利。上位チームを撃破しての「嬉しい勝ち星」をつかみ、通算成績を8勝11敗とした。

 一方、レッドテリアーズは先発投手に起用した「サウスポー」田内愛絵里が3回までに2失点と試合を作れず……。2番手・平原かすみも代わった直後の4回表にツーランホームランを浴びてしまう等、なかなか流れを引き寄せられない試合展開に終始し、結果、敗戦。通算成績15勝4敗となった。

880
2017
10
14
10
14
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc