1部リーグ 第8節 20171008日()デンソー VS 太陽誘電

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【デンソー】八木里菜
敗戦投手【太陽誘電】藤田倭
打撃成績 【太陽誘電】《二》藤田倭、原田のどか
【デンソー】《本》田中真紀子《二》テイラー・エドワーズ、江口未来子
バッテリー
太陽誘電●藤田倭-佐藤みなみ
デンソー○八木里菜、近藤光-竹林綾香、鬼澤麻純

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ」1部第8節大分大会・第2日第1試合は、前日(10月7日/土)のシオノギ製薬 ポポンギャルズとの「直接対決」に勝利し、「入替戦出場」の危機から一歩抜け出したデンソー ブライトペガサスと、日本精工 Brave Bearies、シオノギ製薬 ポポンギャルズとのダブルヘッダーに連勝し、14勝3敗で同率2位の好位置につける太陽誘電 ソルフィーユが対戦した。
 
 後攻のブライトペガサスは初回、ソルフィーユの先発・藤田倭の立ち上がりを攻め、一死から2番・増山由梨がセンター前ヒットで出塁。続く3番・川畑瞳が意表を突くセーフティーバントを決め、一・二塁とチャンスを広げ、4番・テイラー・エドワーズがライト頭上をライナーで抜くタイムリーツーベース。二者が還り、「女子TOP日本代表」に名を連ねる「日本屈指の投手」から2点を先制した。

(※ブライトペガサスは初回、テイラー・エドワーズのタイムリーツーベースで2点を先取)
 
 2点を追うソルフィーユは3回表、ブライトペガサス・先発の八木里菜をとらえ、まず1番・原田のどかがストレートのフォアボールで出塁。2番・山本晴香が手堅く送り、3番・河野美里の一・二塁間を破る安打で一死一・三塁とした後、4番・藤田倭がライトへ飛距離十分の犠牲フライを打ち上げ、三塁走者が生還。1点差に詰め寄った。
 
 これで「追い上げムード」に入るかと思われたソルフィーユだが、「エース」藤田倭が再びブライトペガサス打線につかまってしまう。1点差に追い上げた直後の3回裏、1番・松木瑛里のセンター前ヒット、ファーストのエラー等で無死二・三塁とされ、3番・川畑瞳、4番・テイラー・エドワーズの二者連続の犠牲フライで2点を失い、さらに5番・田中真紀子にセンター頭上を越えるソロホームランを浴び、この回3失点。4点差にリードを広げられてしまった。
 
 4点を追うソルフィーユは6回表、「投打の大黒柱」4番・藤田倭が右中間を切り裂く二塁打を放ち、自らのバットで反撃の口火を切ると、5番・大塚枝里香への四球となる投球がワイルドピッチとなり、無死一・三塁。6番・佐藤みなみのレフトへの犠牲フライで1点を返した。
 
 ソルフィーユは最終回にも、この回から代わった左腕・近藤光を攻め、この回先頭の9番・丸本里佳が四球を選び、出塁すると、1番・原田のどかが右中間を深々と破る二塁打を放ち、一塁走者が一気に生還。1点を返し、なお無死二塁のチャンスが続いたが、後続が見逃し三振、キャッチャーファウルフライで二死となり、ワイルドピッチで走者を三塁まで進めたが、「投打の大黒柱」である4番・藤田倭がセカンドファウルフライに倒れ、万事休す。
 火の出るような痛烈な当たりがことごとく野手の正面を突き、チャンスは作っても、いつものような「集中打」が出ず……。2点差まで追い上げたものの、最後まで「試合の流れ」を変えることができないまま、痛い4敗目を喫し、3位に後退した。
 
 勝ったブライトペガサスは5勝12敗。前日(10月7日/土)、シオノギ製薬 ポポンギャルズとの「直接対決」を制し、「入替戦出場」の危機を脱したことで肩の荷が降りたか、好投手・藤田倭を見事に攻略。
 守っても、第7節までわずか1試合・2イニングしか登板しておらず、防御率14.00の「ルーキー」八木里菜を先発に大抜擢。一見「捨てゲーム」のような投手起用にも思えたが、結果的にはソルフィーユの「強力打線」を向こうに回し、6回まで2失点の好投。打線の援護、痛烈な当たりが正面に飛ぶ「運」もあったが、どんなピンチにも顔色一つ変えることなく淡々と投げ続け、嬉しいリーグ初勝利を挙げた。

877
2017
10
8
10
08
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc