1部リーグ 第8節 20171008日()戸田中央総合病院 VS ビックカメラ高崎

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【BIC】上野由岐子
敗戦投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
打撃成績 【BIC】 
【戸田中央】 
バッテリー
BIC○上野由岐子-我妻悠香
戸田中央五味彩華、●ジョーダン・テーラー、大平未沙稀-坂本結愛

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ」1部第8節高知大会、第2日第2試合は、この日「ダブルヘッダー」となり、1試合目の豊田自動織機 シャイニングベガ戦を2-5で落とした戸田中央総合病院 Medicsと、前日の豊田自動織機戦に5-1で快勝。通算成績を15勝1敗に伸ばし、この試合に勝てば早々と決勝トーナメント進出(リーグ戦4位以上)が確定する「首位」ビックカメラ高崎 BEE QUEENが対戦した。
 
 BEE QUEENは3回表、Medicsの先発・五味彩華から代わった2番手・ジョーダン・テーラーを攻め、この回先頭の2番・小松美樹がレフト前ヒットで出塁。すかさず盗塁を成功させ、さらに送りバントで三塁へ進むと、ここで4番・山本優が初球をレフト前に運ぶタイムリー! 三塁走者・小松美樹を生還させ、1点を先制した。

(※3回表、一死三塁から4番・山本優がレフト前タイムリーを放ち、1点を先制!)
 

 BEE QUEENの先発「エース」上野由岐子は、立ち上がりこそ2本のヒットを許す等、一死一・二塁とピンチを背負ったが、ここから「集中力」を研ぎ澄ませてしっかり後続を断ち、その後「尻上がり」のピッチングを披露。2回以降は死球を1つ与えた以外、Medics打線をノーヒットに抑え込む貫禄の投球内容で1-0の完封勝利を飾り、通算成績16勝1敗。この勝利で早々と決勝トーナメント進出(リーグ戦4位以上)を決めた。
 
 一方、Medicsは1試合目(豊田自動織機 シャイニングベガ戦)で踏ん張れなかった投手陣がBEE QUEEN打線に10安打を浴びながらも、粘り強く投げ、何とか最少失点に止めたが……終始「気持ちの入った」ピッチングを展開したBEE QUEEN・上野由岐子の前に打線がわずか2安打と沈黙し、完封負け。この日「連敗」に終わり、通算成績7勝11敗となってしまった。

875
2017
10
8
10
08
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc