1部リーグ 第8節 20171008日()伊予銀行 VS SGホールディングス

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【SGH】樋口麻知子
敗戦投手【伊予銀行】庄司奈々
打撃成績 【SGH】《二》土肥里奈
【伊予銀行】《本》二宮はな
バッテリー
SGH加藤あずさ、○樋口麻知子、カーヤ・パーナビー-山科真里奈
伊予銀行●庄司奈々、内海花菜-二宮はな

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ」1部第8節横浜大会、第2日第2試合は、この日の第1試合でトヨタ自動車 レッドテリーズに8-3敗れ、通算成績6勝11敗。今節まだ勝ち星がなく、この「ダブルヘッダー」の2試合目で何とか勝ち星を挙げたい伊予銀行 VERTZと、前日(10月7日/土)、トヨタ自動車 レッドテリーズに1-3で惜敗し、決勝トーナメント進出圏内から一歩後退。通算成績9勝7敗となったSGホールディングス ギャラクシースターズが対戦した。
 
 VERTZは2回裏、ギャラクシースターズの先発・加藤あずさから、この回先頭の6番・二宮はなが先制のソロホームラン。打球はセンター・土肥里奈が懸命に差し出したグラブのわずか先を越え、そのままスタンドへと消え、VERTZが1点を先制した。
 
 先制を許したギャラクシースターズは3回表、VERTZ・先発の庄司奈々をとらえ、一死から2番・土肥里奈がライト線に鋭い打球を放ち、この打球の処理をライト・松成あゆみがややもたつく間に「自慢の俊足」を飛ばし、三塁まで進塁(記録は三塁打)。3番・柳瀬友紀はスリーボール・ノーストライクから打って出る積極性を見せ、次の投球をセンター前にはじき返し、三塁走者が生還。すぐさま同点に追いつくと、4番・山科真里奈のレフト前ヒット、5番・中島香澄の死球で一死満塁と攻め立て、6番・増野瑠奈がライト前に抜ける勝ち越しのタイムリー。2-1と逆転に成功した。

(※ギャラクシースターズは3回表、1-1の同点に追いつき、なお一死満塁と攻め立て増野瑠奈が勝ち越しのタイムリーを放つ!)
 
 投げては、先発・加藤あずさが2回裏に1点を失うと、3回裏から樋口麻知子を投入。この樋口麻知子が3イニングを投げ、被安打2・無失点の力投でつなぎ、6回裏からは「エース」カーヤ・パーナビーが登板。2イニングをパーフェクトに抑え、打者6人から4三振を奪う「圧巻」のピッチング。最少得点差をしっかりと守り切り、2-1で辛勝。接戦をモノにし、通算成績を10勝7敗とし、上位争いに踏み止まった。
 
 敗れたVERTZは3回表、逆転を許し、なお一死満塁のピンチが続いたが、先発・庄司奈々をリリーフした左腕・内海花菜が後続を打ち取り、追加点を許さず。その後もギャラクシースターズ打線をわずか2安打に抑える好投を見せたものの、打線の援護がなく惜敗。先制したものの痛い星を落とし、今節3連敗。通算成績6勝12敗で同率9位となった。

872
2017
10
8
10
08
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc