1部リーグ 第8節 20171007日()日本精工 VS 太陽誘電

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】尾崎望良
敗戦投手【日本精工】藤嶋涼菜
打撃成績 【太陽誘電】《本》大塚枝里香、尾崎望良
【日本精工】 
バッテリー
太陽誘電藤田倭、○尾崎望良、森真里奈-佐藤みなみ、青木千春
日本精工●藤嶋涼菜、山田夏生、白川果歩、吉田遥香-馬場未波、重石華子、馬場未波

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ」1部第8節大分大会・第1日第1試合は、ここまで1勝14敗の最下位、このままでは「2部リーグ自動降格」となってしまう日本精工 Brave Beariesと、12勝3敗の同率2位の好位置につけ、2年連続の決勝トーナメント進出と、昨シーズン「あと一歩」のところで逃してしまった「日本一」の座を狙う太陽誘電 ソルフィーユが対戦した。
 
 この第8節は、全10節の中で唯一の「1日3試合」の開催。この大分大会第1日は、太陽誘電 ソルフィーユとシオノギ製薬 ポポンギャルズがダブルヘッダーとなり、明日(10月8日/日)はデンソー ブライトペガサスと日本精工 Brave Beariesがダブルヘッダーとなる。

 試合は、Brave Bearies・藤嶋涼菜、ソルフィーユ・藤田倭、両エースの先発ではじまり、両チーム無得点で迎えた3回表、ソルフィーユはこの回先頭の1番・原田のどかが四球を選び、出塁。2番・山本晴香の送りバントで一死二塁とすると、Brave Beariesベンチが動き、早めの投手交代を決断。山田夏生を登板させたが、結果的にはこの投手交代が裏目となり、連続四死球で満塁となった後、5番・大塚枝里香がレフトスタンドへ満塁ホームラン。この「一発」で勝負は決まってしまった。

(※3回表、ソルフィーユは大塚枝里香が先制の満塁ホームランを放つ!)

 これで火のついたソルフィーユ打線は、6番・佐藤みなみの四球、7番・尾崎望良のセンター前ヒットに相手守備の乱れが絡み、1点を追加。二死後、代わった左腕・白川果歩からも9番・丸本里佳、2番・山本晴香、4番・藤田倭が次々とタイムリーを放ち、この回大量9点を奪う猛攻。完全に試合を決めてしまった。

 ソルフィーユは6回表にも、3回裏から先発・藤田倭の後を受けて登板し、無失点の好投を見せていた7番・尾崎望良がソロホームラン。豪快な一発を放ち、ソルフィーユ自慢の「左右の二枚看板」「投打のWエンジン」をフル回転させ、貴重な追加点を挙げた。

 ソルフィーユは打っては、大塚枝里香の満塁ホームランを口火に二桁10得点と打線が爆発! 守っては、先発・藤田倭、左腕・尾崎望良とつなぎ、最後は森真里奈が締め、Brave Beariesに得点を許さず、10-0で大勝。通算成績を13勝3敗に伸ばした。

 敗れたBrave Beariesは1勝15敗の最下位。無失点の「エース」藤嶋涼菜を3回途中で降板させる早めの継投策が裏目となり、大量失点。打線も元気なく、わずか1安打では打つ手がなかった。

868
2017
10
7
10
07
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc