1部リーグ 第8節 20171007日()Honda VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】長谷川朋子
敗戦投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
打撃成績 【戸田中央】《三》川島怜那
【ホンダ】《二》大塚友紀、サマンサ・フェーガン、田井静華、山田静華、又吉薫
バッテリー
戸田中央大平未沙稀、中村美樹、●ジョーダン・テーラー-坂本結愛
ホンダ○長谷川朋子-田井静華

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ」1部第8節高知大会、第1日第3試合は、この日の第2試合で豊田自動織機 シャイニングベガに2-7で敗れ、通算成績6勝10敗となったHonda Revertaと、前節終了時点で通算成績7勝8敗。単独7位につける戸田中央総合病院 Medicsが対戦した。
 
 Honda Revertaは3回裏、二死一・二塁から2番・山田静華がレフト線へタイムリーツーベースを放ち、まず2点を先制。なお二死二塁とチャンスが続き、3番・又吉薫も右中間を破るタイムリーツーベース! 二塁走者を生還させ、この回3点を挙げた。
 
 戸田中央総合病院 Medicsも、その直後の4回表、Honda Revertaの先発左腕・長谷川朋子の制球の乱れに乗じて一死一・二塁のチャンスを作り、5番・川島怜那が左中間へ走者一掃のタイムリースリーベース! すぐに2点を返すと、なおも一死三塁から6番・長谷川優理のピッチャーゴロがフィルダースチョイスとなる間に1点を挙げ、同点。試合はこの後両チーム一歩も譲らぬ攻防が続き、3-3のまま延長タイブレーカーへ突入することとなった。

 迎えた8回表、戸田中央総合病院 Medicsはタイブレーカーの走者を1番・坂本結愛が手堅く送りバントで進塁させ、一死三塁。ここで2番・田中江理奈がインコースの球を思い切って引っ張り、これがファースト横を抜くタイムリーヒットとなって1点を勝ち越し。この後攻撃に移るHonda Revertaにプレッシャーをかけた。

 しかし、Honda Revertaは8回裏、タイブレーカーの走者を二塁に置き、戸田中央総合病院 Medics同様「まずは確実に1点を取りにいく」といった狙いで1番・佐野由貴美がファースト前に送りバント。しかし……このバントを処理した一塁手の一塁への送球が「まさか」の悪送球となり、ボールが外野に転々とする間にタイブレーカーの走者、そして打者走者までもが一気に本塁へ生還。最後は思わぬ「相手守備の乱れ」によって5点目(決勝点)がもたらされ、Honda Revertaが5-4のサヨナラ勝ち。通算成績を7勝10敗とした。

(※Honda Revertaは延長8回裏、佐野由貴美の送りバントが相手エラーを誘い、思わぬ形で逆転サヨナラ勝ち)

 一方、戸田中央総合病院 Medicsは8回表に1点を挙げ、勝ち越しに成功したものの、後続が倒れて「大事な2点目」を奪うにはいたらず……。結局、この「詰めの甘さ」が逆転サヨナラ負けを生む要因にもなり、通算成績7勝9敗となった。

867
2017
10
7
10
07
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc