1部リーグ 第7節 20170909日()SGホールディングス VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【SGH】カーヤ・パーナビー
敗戦投手【ホンダ】長谷川朋子
打撃成績 【ホンダ】《本》森山遥菜《二》胡子路代
【SGH】《本》山科真里奈
バッテリー
ホンダ●長谷川朋子-田井静華
SGH○カーヤ・パーナビー-山科真里奈

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ」1部第7節岡山大会、第1日第2試合は、ここまで8勝5敗の単独4位、「初」の決勝トーナメント進出狙うSGホールディングス ギャラクシースターズと、通算成績6勝7敗の同率7位、「打ち勝つソフトボール」を標榜し、「超攻撃的」なソフトボールで「勝率5割」復帰まであと一歩と迫っているHonda Revertaが対戦した。
 
 ギャラクシースターズは3回裏、Revertaの先発・長谷川朋子をとらえ、一死から3番・柳瀬友紀が四球で出塁。二死後、5番・山科真里奈がフルカウントからの7球目を強振。センター頭上を襲う打球がそのままスタンドに飛び込み、先制のツーランホームランとなった。

(※3回裏、ギャラクシースターズは山科真里奈のツーランホームランで先制!)
 
 2点を先制されたRevertaはその直後の4回表、ここまで無得点に抑えられていたギャラクシースターズの「エース」カーヤ・パーナビーに襲いかかり、この回先頭の3番・又吉薫が叩きつけた打球は高いバウンドとなり、サード内野安打。すかさずRevertaベンチが動き、代走・村上ほのかを送り、4番・森山遥菜の打席の2球目に盗塁を仕掛けたがタッチアウト。走者がなくなり、その直後の3球目を森山遥菜がレフトポール際にライナーで運ぶソロホームラン。ホームランダービーのトップを走る第8号本塁打が飛び出し、1点差に詰め寄った。

(※4回表、「主砲」森山遥菜が追撃のソロホームランを放つ!)
 
 1点を追うRevertaは5回表に相手エラーから二死三塁の「一打同点」のチャンスを作ったが、2番・山田静佳が空振り三振に倒れ、無得点。7回表にも、この回先頭の6番・佐野由貴美がセンター前ヒットで出塁。一死後、代打・大塚友紀もライト前ヒットで続き、9番・芝崎恵梨の送りバントで二死ながら二・三塁の「一打逆転」の場面を作り、「キャプテン」1番・胡子路代のバットにすべてを託したが、空振り三振に倒れ、試合終了。
 ギャラクシースターズが2-1で逃げ切り、通算成績を9勝5敗とし、単独4位の座を守り、「初」の決勝トーナメント進出へ、また一歩前進した。
 
 敗れたRevertaは6勝8敗の同率7位に後退。ホームランダービーのトップを走る「主砲」森山遥菜の打席で盗塁を仕掛け、その直後にホームラン……チグハグな攻めが最後まで響き、惜しい試合を落としてしまった。

855
2017
9
9
09
09
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc