1部リーグ 第6節 20170903日()トヨタ自動車 VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【トヨタ】モニカ・アボット
敗戦投手【ホンダ】福井遥香
打撃成績 【ホンダ】《二》又吉薫、佐野由貴美
【トヨタ】《本》山下りら、長崎望未、山崎早紀《三》渥美万奈《二》長崎望未、古澤春菜
バッテリー
ホンダジェイリン・フォード、●福井遥香、常盤紫文-田井静華
トヨタ○モニカ・アボット、平原かすみ-峰幸代、馬場今日子

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節新潟大会、第2日第2試合は、ここまで9勝3敗の同率2位、「連覇」を狙う「王者」トヨタ自動車 レッドテリアーズと、通算成績6勝6敗、投手陣の不調に苦しみながらも「打ち勝つソフトボール」で勝率5割復帰を果たしたHonda Revertaが対戦した。
 
 先攻のRevertaは初回、レッドテリアーズの「絶対的エース」モニカ・アボットを攻め、先頭打者の胡子路代が四球で出塁すると、2番・芝崎恵梨が確実に送り、一死二塁。得点圏に走者を進め、3番・又吉薫が三塁線を鋭く破るタイムリーを放ち、1点を先制した。

(※Revertaは初回、「チームリーダー」又吉薫のタイムリーで1点を先制!)
 
 レッドテリアーズはその裏、Revertaの先発・ジェイリン・フォードの立ち上がりをとらえ、一死から2番・山下りらがセンターへ同点のソロホームラン。二死後、ジェイリン・フォードが突然コントロールを乱し、4連続四球で押し出し。せっかく1点を先制しながら、あっさり逆転を許してしまった。
 
 しかし、「打ち勝つソフトボール」を標榜するRevertaはこれくらいでは怯まない。3回表、再びレッドテリアーズの「絶対的エース」モニカ・アボットを果敢に攻め、一死から1番・胡子路代が二遊間を破る安打で出塁。次打者の内野ゴロの間に二塁へ進み、二死ながら得点圏に走者を進めると、3番・又吉薫がセンターを襲う鋭い打球を放ち、センター・山崎早紀が右中間よりに打球を追い、懸命にダイビングキャッチを試みたものの、わずかに及ばす……。結果的にこれがタイムリーツーベースとなり、二塁走者を迎え入れ、2-2の同点に追いついた。
 
 しかし、それも束の間、レッドテリアーズはその裏、Revertaの2番手・福井遥香を攻め、3番・長崎望未のレフトオーバーへのツーベース、送りバントで一死三塁とし、5番・渥美万奈のタイムリーですぐさま勝ち越し。さらに4回裏には、3番・長崎望未のツーランホームランで2点を追加。3点差にリードを広げた。

(※4回裏、レッドテリアーズは一死二塁から長崎望未がツーランホームランを放つ!)
 
 レッドテリアーズはその後も手を緩めることなく攻め続け、5回裏には1番・山崎早紀のツーランホームランで2点、6回裏には代打・神山みどりのタイムリーで1点を追加。着々とリードを広げ、モニカ・アボット、平原かすみとつなぐ投手リレーで4回以降は追加点を許さず、8-2で圧勝。今節連勝で通算成績を10勝3敗まで伸ばし、同率2位の座を守った。
 
 敗れたRevertaは6勝7敗。また黒星が一つ先行してしまったが、「世界トップクラスの好投手」モニカ・アボットに対しても臆することなく攻め続けた。3回までに2点を奪い、4回表も二死一・二塁、5回表にも一死満塁とチャンスを作り、「王者」を慌てさせた。上位チームとの対戦では「投手力の弱さ」は致命的なウィークポイントになりかねないが、それを覚悟の上で徹底して攻め続ける姿勢には、ある種の「潔さ」を感じる。どちらかといえば「守備的」な女子のソフトボール、日本リーグに「新風」を吹き込む存在となっていることは確かだ。

849
2017
9
3
09
03
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc