1部リーグ 第6節 20170903日()豊田自動織機 VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】栗田美穂
敗戦投手【伊予銀行】内海花菜
打撃成績 【伊予銀行】 
【豊田織機】《本》田口美佳《二》澤井美佑、洲鎌夏子
バッテリー
伊予銀行●内海花菜、原田悠、山口清楓、庄司奈々、大西里帆子-池田千沙、二宮はな、池田千沙
豊田織機栗田美穂、ケイラニ・リケッツ、○栗田美穂、河澄星菜-ケイリン・キャスティーヨ、澤井美佑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節新潟大会、第2日第1試合は、ここまで6勝6敗の勝率5割、「決勝トーナメント進出」のためには「もう負けられない」豊田自動織機 シャイニングベガと、通算成績4勝8敗、好ゲームは演じるものの、「勝ち切る」ことができず、思うように星を伸ばせずにいる伊予銀行 VERTZが対戦した。
 
 シャイニングベガは試合開始と同時にDP・ケイラニ・リケッツがFP・栗田美穂のピッチャーの守備を兼務し、「実質的な先発投手」となり、三者連続三振の絶好調の滑り出し。
 
 一方、VERTZの先発・内海花菜も好投。両チーム無得点で迎えた5回表、VERTZはこの回先頭の7番・前川綾菜が四球を選び、出塁。2つの犠打で二死ながら走者を三塁まで進めたが、1番・對馬弥子が空振り三振に倒れ、どうしても得点することができない。

(※5回表、VERTZは三塁まで走者を進めたが……)
 
 シャイニングベガはその裏、この回先頭の8番・永溝早紀が四球で出塁。すかさず代走・舛田妃美呼を送り、盗塁成功。9番・横野涼のピッチャーゴロの間に三塁へ進塁し、1番・高坂香月のレフトへの犠牲フライで三塁走者が生還。試合の均衡を破り、待望の先取点を挙げた。
 この1点で勢いづいたシャイニングベガは続く6回裏、代打・田口美佳のツーランホームランを含む7本の長短打を集中。大量7点を挙げ、完全に勝負を決めてしまった。

(※6回裏、シャイニングベガは田口美佳の本塁打を口火に打者13人を送る猛攻。大量7点を挙げ、勝負を決めた)
 
 勝ったシャイニングベガは7勝6敗。白星を一つ先行させ、ギリギリのところで上位争いに踏み止まった。
 
 敗れたVERTZは4勝9敗。この試合も終盤まで互角の試合を演じたのだが……。試合内容は決して悪くなく、「勝機」も十分にある試合を展開しているのだが、それがなかなか勝ち星に結びつかない。何とも歯がゆい状態が続いている。

848
2017
9
3
09
03
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc