1部リーグ 第6節 20170903日()ビックカメラ高崎 VS デンソー

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【BIC】上野由岐子
敗戦投手【デンソー】エイミー・クレイガー
打撃成績 【デンソー】《本》田中真紀子
【BIC】《本》我妻悠香《二》内藤実穂
バッテリー
デンソー辰巳舞衣、●エイミー・クレイガー-竹林綾香
BIC○上野由岐子-我妻悠香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節一関大会、第2日第2試合は、ここまで開幕から12戦全勝、「王座奪還」へ向け、首位を「独走」するビックカメラ高崎 BEE QUEENと、通算成績3勝9敗、深刻な「打撃不振」に悩み、「2部リーグ降格」「入替戦出場」の危機に直面しているデンソー ブライトペガサスが対戦した。
 
 ブライトペガサスは初回、二死走者なしから3番・江口未来子がフルカウントから四球を選び、出塁。4番・田中真紀子は「四球の後の初球を狙え」のセオリー通り、初球をフルスイング。打球は左中間のフェンスを超えるツーランホームランとなり、BEE QUEENが誇る「世界のエース」上野由岐子に強烈な先制パンチを見舞い、深刻な「打撃不振」にあえぐチームが「難攻不落」の好投手からいきなり2点を先制した。

(※ブライトペガサスは初回、4番・田中真紀子が「世界のエース」から強烈な一発!)
 
 しかし、いきなりリードをもらったことで先発に抜擢された「ルーキー」辰巳舞衣にプレッシャーがかかってしまったか、1番・森さやかに四球を与えると、犠打、ショートゴロで二死ながら三塁まで走者が進み、4番・糟谷舞乃、5番・我妻悠香、6番・内藤実穂に3連続四球を与えてしまい、押し出し。プレッシャーに屈したか、コントロールに苦しみ、自滅する形で1点を献上してしまった。
 
 1点差に詰め寄ったBEE QUEENは4回裏、この回先頭の5番・我妻悠香がレフトスタンドへ豪快に運ぶ同点のソロホームラン。続く6番・内藤実穂にも右中間を破る二塁打を浴びたところで、エイミー・クレイガーに投手交代。次打者の送りバントで一死三塁とされたものの、後続を浅いセンターフライ、キャッチャーファウルフライに打ち取り、ピンチを脱出。その後はエイミー・クレイガー、上野由岐子両投手が得点を許さず、2-2の同点のまま、延長タイブレーカーにもつれ込んだ。
 
 8回表、ブライトペガサスは二死二・三塁としたものの、6番・竹林綾香が空振り三振に倒れ、無得点。
 その裏、BEE QUEENは犠打でタイブレーカーの走者を三塁へ進めると、3番・糟谷舞乃の打席でヒットエンドランを仕掛け、初球、2球目とファウルとなり、ツーストライクと追い込まれたにもかかわらず、3球連続でヒットエンドランのサイン。これを糟谷舞乃が見事に遂行し、セカンドへ転がし、三塁走者がサヨナラのホームイン。苦しみながらもブライトペガサスを振り切り、開幕からの連勝を「13」に伸ばし、全勝を守った。

(※延長8回裏、BEE QUEENは一死三塁から4番・糟谷舞乃がヒットエンドランを決め、劇的なサヨナラ!)
 
 敗れたブライトペガサスは3勝10敗。初回、いきなり「キャプテン」田中真紀子のツーランホームランで先手を取ったものの、リードを守れず、延長タイブレーカーの末にサヨナラ負け。状況は厳しさを増すばかりである。

845
2017
9
3
09
03
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc