1部リーグ 第6節 20170903日()シオノギ製薬 VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【戸田中央】大平未沙稀
敗戦投手【シオノギ】重藤恵理佳
打撃成績 【戸田中央】《二》田中江理奈
【シオノギ】《本》數原顕子《二》戸村美紅
バッテリー
戸田中央中村美樹、○大平未沙稀-坂本結愛
シオノギ池田美樹、●重藤恵理佳-吉田美姫

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節一関大会、第2日第1試合は、通算成績5勝7敗、ジョーダン・テーラーの加入で投手力が安定し、「台風の目」となりつつある戸田中央総合病院 Medicsと、3勝9敗の同率10位、前日のビックカメラ高崎 BEE QUEEN戦でも「世界のエース」上野由岐子に「ノーヒット・ノーラン」を達成される等、投打に本来の「元気の良さ」が感じられないシオノギ製薬 ポポンギャルズが対戦した。
 
 先攻のMedicsは初回、ポポンギャルズ・先発の池田美樹の立ち上がりを攻め、1番・坂本結愛が四球を選び、出塁すると、2番・田中江理奈がバントの構えからヒッティングに切り替え、レフト前にフラフラっと上がった打球をレフト・豊村未来が懸命に追いかけ、ダイビングキャッチを試みたが、結果的にはこれが裏目となり、飛びついた勢いで打球をはじき、その間に一塁走者は三塁へ、打った田中江理奈も二塁まで進塁(記録は二塁打)。無死二・三塁の絶好の先制のチャンスを迎え、3番・本間紀帆は三球三振に倒れ、一死となったものの、4番・松村華子の浅めのレフトフライで三塁走者・坂本結愛が思い切りよくタッチアップから本塁突入。際どいタイミングながらも本塁を陥れ、先取点を挙げた。
 
 ポポンギャルズはその裏、1番・數原顕子がMedics・先発の中村美樹が投じたフルカウントからの6球目をとらえ、ライトスタンドへ運ぶソロホームラン。女子GEM4(U23)日本代表でも「キャプテン」を務める実力者の一振りでアッという間に同点に追いついた。

(※初回に1点をリードされたポポンギャルズはその裏、女子GEM4(U23)日本代表でも「キャプテン」を務める実力者・數原顕子の本塁打ですぐさま同点に追いつく)
 
 Medicsは3回表、3連打で無死満塁のチャンスをつかみながら得点なく、ポポンギャルズも2回以降は立ち直った中村美樹に抑えられ、無得点。両チームともに5回に投手交代を行い、Medicsは大平未沙稀、ポポンギャルズは重藤恵理佳につなぎ、両投手が好投。両チーム譲らず、1-1の同点のまま、試合は延長タイブレーカーに突入した。
 
 8回は両チームともに得点なく、9回はともに1点ずつを取り合い、迎えた10回表、Medicsはタイブレーカーの走者を犠打で送ると、これがフィルダースチョイスとなり、無死一・三塁。すかさず盗塁し、二・三塁とチャンスを広げ、一死後、2番・田中江理奈の打席でヒットエンドランを敢行。ピッチャー・重藤恵理佳がこの打球を処理し、三塁走者を刺そうと懸命に本塁へ送球したが、これが悪送球となり、三塁走者に続いて二塁走者も生還。Medicsが2点のリードを奪うと、これで緊張の糸が途切れたか、重藤恵理佳が3連続四死球を与えてしまい、押し出し。この回決定的な3点を奪われ、勝負は決してしまった。

(※Medicsは10回表、一死二・三塁から田中江理奈がヒットエンドランを決め、勝ち越し! 勝利を決定づけた)
 
 ポポンギャルズもその裏、一死一・三塁から9番・吉田美姫のレフトへの犠牲フライで1点を返し、最後まで粘りを見せたが、1番・數原顕子がライトフライに打ち取られ、万事休す。今節連敗で通算成績3勝10敗となり、「2部リーグ降格」「入替戦出場」の危険地帯から抜け出せずにいる。
 
 勝ったMedicsは今節連勝で6勝7敗。勝率5割復帰まであと一息と迫り、上位チームにとっても侮れない、「恐い相手」となってきた。このままリーグ後半戦をかき回す「台風の目」となることができるか、期待と注目が集まる。

844
2017
9
3
09
03
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc