1部リーグ 第6節 20170902日()ビックカメラ高崎 VS シオノギ製薬

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【BIC】上野由岐子
敗戦投手【シオノギ】重藤恵理佳
打撃成績 【シオノギ】 
【BIC】《二》糟谷舞乃
バッテリー
シオノギ●重藤恵理佳、岩田みゆき-長平雅
BIC○上野由岐子-我妻悠香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節、一関大会第1日第2試合は、前半戦11戦全勝、開幕から「無傷」の連勝を続け、快調に首位を走るビックカメラ高崎 BEE QUEENと、前半戦終了時点で3勝8敗の同率10位、「2部リーグ降格」「入替戦出場」の危機に瀕しているシオノギ製薬 ポポンギャルズが対戦した。
 
 BEE QUEENは2回裏、ポポンギャルズ・先発の重藤恵理佳をとらえ、この回先頭の5番・大工谷真波が四球を選び、犠打で二塁へ進んだ後、この試合「7番・サード」でスタメン起用された植木千晴がセンター前ヒットを放ち、一死一・三塁。一塁走者がすかさず盗塁し、二・三塁とチャンスを広げ、8番・小松美樹の打席でヒットエンドランを敢行。これがピッチャーへのハーフライナーとなり、スタートを切っていた三塁走者も「捕られるか……」と一瞬躊躇したものの、差し出したグラブのわずか先を抜け、セカンド前に落ちるのを見て、本塁突入。キャッチャーの背後に回り込む巧みなスライディングでタッチをかわし、ホームイン(記録はフィルダースチョイス)。まず1点を先制し、さらに盗塁、四球で一死満塁と攻め立て、1番・森さやか、2番・内藤実穂の連打で3点を追加。この回4点を先制した。

(※2回裏、BEE QUEENはソツのない攻めで大量4点を先制!)
 
 BEE QUEENは4回裏にも、この回先頭の8番・小松美樹がセンター前ヒットで出塁すると、9番・藤本麗のピッチャーゴロの間に二塁へ進み、1番・森さやかのライトフライでタッチアップから三塁へ進塁。二死ながら三塁まで走者を進め、2番・内藤実穂の四球で一・三塁とした後、ダブルスチールを仕掛け、これがキャッチャーの二塁への悪送球を誘い(記録はダブルスチールとキャッチャーの悪送球/一塁走者が盗塁の後、悪送球で三塁まで進塁)、1点を追加。5点差にリードを広げた。
 
 一方、ポポンギャルズはBEE QUEENの先発・上野由岐子の前に打線が完全に沈黙。初回、二死から3番・金子沙耶が四球で出塁した他は、一人の走者も出すことができず、9三振を奪われ、ノーヒット・ノーランを達成される「屈辱」の完敗。通算成績3勝9敗と苦しい状況が続いている。

(※ポポンギャルズはBEE QUEENのエース・上野由岐子に自身6度目となるノーヒット・ノーランの達成を許し、完敗……)
 
 勝ったBEE QUEENは12戦全勝。開幕から「無傷」の連勝を「12」に伸ばし、「王座奪還」へ向け、ますます視界良好。他チームの「星の潰し合い」を尻目に、完全に独走態勢に入り、「一人旅」といったところか。

839
2017
9
2
09
02
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc