1部リーグ 第5節 20170604日()戸田中央総合病院 VS シオノギ製薬

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【シオノギ】重藤恵理佳
敗戦投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
打撃成績 【シオノギ】 
【戸田中央】 
バッテリー
シオノギ○重藤恵理佳-吉田美姫
戸田中央大平未沙稀、●ジョーダン・テーラー-坂本結愛

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ1部」第5節埼玉大会第2日第2試合は、通算成績4勝6敗の同率7位、「上位進出」を狙うためにも「ホーム」で1勝を挙げ、後半戦での戦いに望みをつなげたい戸田中央総合病院 Medicsと、ここまで2勝8敗の11位、1部リーグ残留のためには、是が非でも「勝利」がほしいシオノギ製薬 ポポンギャルズが対戦した。
 
 後攻のMedicsは初回、ポポンギャルズ・先発の重藤恵理佳の制球の乱れにつけ込み、連続死球で無死一・二塁とし、3番・本間紀帆が手堅く送り、一死二・三塁とした後、4番・坂本結愛がライトフェンス際まで運ぶ犠牲フライを打ち上げ、三塁走者が生還。幸先よく先取点を挙げた。

(※Medicsは初回、坂本結愛の犠牲フライで1点を先制)
 
 その後はポポンギャルズ・重藤恵理佳、Medics・大平未沙稀、両先発投手の投げ合いとなった。Medicsは初回に1点を先制はしたものの、ノーヒットでの得点で、その後も重藤恵理佳をとらえられず、ノーヒットの状態が続く。一方のポポンギャルズも4回まで大平未沙稀にわずか1安打に抑えられ、5回表から登板したMedicsの「エース」ジョーダン・テーラーにもバントヒット1本、2イニングで4三振を奪われ、6回まで無得点。Medicsの「必勝リレー」、盤石の試合運びで試合が進み、このままMedicsが「シナリオ通り」に勝利をつかむかと思われた。
 
 しかし……「ドラマ」は最終回に待っていた。ポポンギャルズは簡単にツーアウトとなり、このまま試合終了かと思われたが、5番・大西朱音が四球を選び、出塁。ここで「闘将」上田恵が代打に起用され、「執念」のセンター前ヒット。チームに「闘魂」を注入する一打を放ち、チームの士気を鼓舞すると、7番・金子沙耶がファースト前に意表を突くバントヒットを決め、二死満塁。「一打逆転」の願いを込め、起用された代打・長平雅は簡単にツーストライクと追い込まれ、3球目、手を出しかけて見送り、ジョーダン・テーラーが思わずそのバットを指さし、「スイング!」をアピール。三振で試合終了かと思われたが、バットは回っておらず、判定は「ボール」。ワンボール・ツーストライクから仕切り直しとなった4球目、長平雅の懸命に合わせたバットから放たれた打球は、一・二塁間の真ん中をゆるやかに抜け、三塁走者に続き、二塁走者もホームイン。ポポンギャルズが土壇場で逆転に成功した。

(※7回表、ポポンギャルズは土壇場で逆転に成功!)
 
 土壇場で試合をひっくり返したポポンギャルズは、力投の先発・重藤恵理佳が最後までMedics打線に得点を許さず、初回に1点を失いはしたものの、ノーヒットピッチングで投げ切り、完投。チームの勝利に大きく貢献した。
 
 勝ったポポンギャルズは3勝8敗。前半戦の最後で「ポポンギャルズ魂」を見せつけ、奇跡的な逆転勝利。昨シーズンの後半戦に見せた「一気呵成の怒涛の攻め」が甦り、後半戦に大きな期待を抱かせる貴重な1勝を挙げた。
 
 敗れたMedicsは4勝7敗。「ホーム」で「想定外」の連敗を喫し、上位争いから大きく後退。今節初戦のHonda Reverta戦では「エース」ジョーダン・テーラー、成長著しい大平美沙稀の「二枚看板」をあえて温存。下位に低迷するポポンギャルズとの一戦に「確実に勝利する」ことを選択し、最終回ツーアウトまで、その「シナリオ通り」に進んでいたが、そこから「まさか……」の逆転負け。「ホーム」での連敗という最悪の結果で前半戦を終了し、後半戦再開までの「サマーブレイク」を迎えることになってしまった。

833
2017
6
4
06
04
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc