1部リーグ 第5節 20170603日()SGホールディングス VS デンソー

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【SGH】カーヤ・パーナビー
敗戦投手【デンソー】近藤光
打撃成績 【デンソー】《二》増山由梨
【SGH】《本》ステーシー・ポーター《二》兵頭花帆
バッテリー
デンソー●近藤光-鬼澤麻純
SGH○カーヤ・パーナビー-山科真里奈

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ1部」第5節京都大会第1日第2試合は、通算成績5勝4敗の同率5位、「初」の決勝トーナメント進出へ向け、「ホーム」でさらに勝ち星を積み重ねたいSGホールディングス ギャラクシースターズと、ここまで3勝6敗の同率8位、第4節終了時点でチーム防御率は4点台(4.25/12チーム中11位)、チーム打率は1割台(1割8分9厘/12チーム中最下位)と数字の上からも苦しい状況が垣間見えるデンソー ブライトペガサスが対戦した。
 
 後攻のギャラクシースターズは初回、ブライトペガサスの先発・近藤光の立ち上がりを攻め、1番・柳瀬友紀がセンター前ヒットを放ち、出塁。次打者の送りバントがフィルダースチョイスとなり、無死一・二塁とチャンスを広げたが、3番・ステーシー・ポーターはショートゴロで二塁走者が三塁フォースアウト。走者を進められず、4番・山科真里奈も空振り三振。二死となり、5番・増野瑠奈が粘って四球を選び、満塁と攻め立てたが、6番・土肥里奈が空振り三振に倒れ、無得点。3回裏にも、2番・立川夏波の四球、3番・ステーシー・ポーター、4番・山科真里奈の連打で無死満塁のチャンスをつかんだが、5番・増野瑠奈のサードゴロが最悪のホームゲッツーとなり、アッという間にツーアウト。6番・土肥里奈もセカンドフライに倒れ、またしても絶好の先制機を逃した。
 
 一方、ブライトペガサスは3回まで三者凡退を繰り返し、4回表にようやく1番・田中真紀子がチーム初安打。2番・増山由梨が確実に犠打で走者を進め、初めて得点圏に走者を進めたが、後続なく無得点。相変わらず打線に元気がなく、チャンスを活かすことができない。
 
 両チーム無得点のまま、迎えた5回裏、ギャラクシースターズは一死から2番・立川夏波がレフト前にポテンヒット。続く3番・ステーシー・ポーターが右中間最深部に突き刺すツーランホームラン。「主砲」の値千金の一発でギャラクシースターズが先手を取った。

(※5回裏、ギャラクシースターズが「主砲」ステーシー・ポーターのツーランホームランで先制!)
 
 ブライトペガサスは6回表、代打・山澤葵が執念のピッチャー内野安打。気迫の一塁ヘッドスライディングで反撃の口火を切ると、9番・安藤千恵が送りバントの構えで相手守備陣を引きつけ、強打に切り替え、三塁線を抜く安打を放ち、無死一・二塁。ここで1番・田中真紀子の火の出るような当たりが一・二塁間を襲ったが、セカンド・柳瀬友紀がダイビングキャッチ。飛び出した一塁走者も戻れず、一瞬にしてダブルプレー。チャンスを逃したかに見えたが、2番・増山由梨が左中間を破るタイムリーツーベース。日本リーグ史上2人目となる通算300本目の安打を放ち、1点を返した。

(※6回表、ブライトペガサスは増山由梨がリーグ通算300本目となる記念すべき安打を放ち、1点を返したが……)
 
 ブライトペガサスは1点を返し、なお二死二塁のチャンスが続いたが、3番・テイラー・エドワーズが空振り三振に倒れ、同点に追いつくチャンスを逃し、最終回にも5番・江口未来子、6番・山根すずかの連打で一死一・三塁のチャンスを作り、一塁走者がすかさず盗塁。二・三塁とし、「一打逆転」の場面を作ったが、7番・川畑瞳が空振り三振、8番・鬼澤麻純がセンターフライに倒れ、万事休す。終盤の猛追及ばず、僅差の試合を落としてしまった。
 
 勝ったギャラクシースターズは6勝4敗。「ホーム」で貴重な1勝を挙げ、上位争いに踏み止まり、「初」の決勝トーナメント進出も夢ではなくなってきた。
 
 敗れたブライトペガサスは3勝7敗。左腕・近藤光が好投し、打線も終盤猛追を見せたが、あと一歩及ばず……。増山由梨選手のリーグ史上2人目、通算300安打達成の記念すべきゲームを勝利で飾ることはできなかった。

829
2017
6
3
06
03
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc