1部リーグ 第5節 20170603日()戸田中央総合病院 VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】福井遥香
敗戦投手【戸田中央】五味彩華
打撃成績 【ホンダ】《本》森山遥菜、芝崎恵梨《二》サマンサ・フェーガン
【戸田中央】 
バッテリー
ホンダ金尾和美、ジェイリン・フォード、○福井遥香、長谷川朋子、金尾和美-田井静華
戸田中央●五味彩華、中村美樹、森あすか-坂本結愛

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ1部」第5節埼玉大会第1日第2試合は、通算成績4勝5敗、「エース」ジョーダン・テーラーを軸に徐々に調子を上げ、「勝率5割」まであと一歩と迫っている戸田中央総合病院 Medicsと、ここまで3勝6敗の同率8位、第4節終了時点でチーム防御率は最下位(4.67)、チーム打率(2割8分9厘)、総本塁打(13本塁打)、総得点(43得点)は、いずれもリーグトップという「アンバランス」なチーム状態の中、「打ち勝つ」ことに活路を見出したいHonda Revertaが対戦した。
 
 Revertaは3回表、この試合、1番に起用されたサマンサ・フェーガンがMedics・先発の五味彩華から右中間を破る二塁打を放ち、出塁。次打者の犠打で三塁へ進塁し、二死後、4番・森山遥菜の放ったセンター頭上に高々と舞い上がる打球は、センター・川島怜那の懸命の背走も届かず、そのままフェンスの向こう側へと消えるツーランホームランとなり、Revertaが2点を先制。「主砲」森山遥菜のホームランダービーのトップを走る第7号本塁打でRevertaが2点を先制した。

(※3回表、Revertaは「主砲」森山遥菜が先制のツーランホームラン!)
 
 この「一発」で勢いづいたRevertaは5回表、一死走者なしから2番・芝崎恵梨が貴重な追加点となるソロホームランをセンターにライナーで突き刺し、1点を追加。さらに代わった中村美樹から二死後、4番・森山遥菜がレフト前ヒットを放つと、すかさず代走・吉田菜々を送り、盗塁に成功。得点圏に走者を進めると、5番・佐野由貴美の三塁内野安打の間に二塁走者が一気に生還。この回2点を追加した。
 
 「ホーム」の大応援団の前でこのまま終わるわけにはいかないMedicsは最終回、この回から登板したRevertaの左腕・長谷川朋子を攻め、9番・長谷川優理、途中出場の1番・高橋亜珠美の連打で無死一・三塁とするとダブルスチールを敢行。キャッチャー・田井静華の三塁走者のブロックがオブストラクション(走塁妨害)を取られ、三塁走者が生還。まず1点を返し、一死後、3番・ブリトニー・サヴァンティーズが四球で歩き、一・二塁とすると、Revertaは先発・金尾和美が再出場。二死後、代打・戸田実花がライト前に運び、二塁走者が生還。2点差に詰め寄り、なお二死一・三塁のチャンスが続いたが、最後の打者・上原依万里がショートライナーに倒れ、万事休す。最終回の猛追及ばす、惜しい試合を落とした。

(※最終回、Medicsは2点差に詰め寄る反撃を見せたが……)
 
 勝ったRevertaは4勝6敗。「主砲」森山遥菜のホームランダービーのトップを走る第7号本塁打で先手を取り、芝崎恵梨のソロホームラン等で2点を追加。打線の効果的な本塁打攻勢でリードを奪い、このリードを小刻みな投手リレーで守り切り、4勝目を挙げた。
 
 敗れたMedicsも4勝6敗。前節の連勝で勝率5割は目前、上位争いに割って入る勢いがあり、この試合も「エース」ジョーダン・テーラーで「勝負」に出てほしいところだった。長いシーズンのペース配分、外国人投手の登板イニング制限等、もちろん考慮すべき要素があるのは事実だが……。「ホーム」での試合、今節また「連勝」ということになれば一気に上位争いに絡む状況、といったことを考えれば、リスクを負ってでも「勝負」に出る価値は十分にあったのではないだろうか。これが自らの「勢い」を止めるような結果にならなければいいのだが……。

827
2017
6
3
06
03
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc