1部リーグ 第5節 20170603日()日立 VS シオノギ製薬

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日立】小薗美希
敗戦投手【シオノギ】池田美樹
打撃成績 【シオノギ】《二》大西朱音
【日立】《本》山田恵里
バッテリー
シオノギ●池田美樹、重藤恵理佳-長平雅、吉田美姫
日立岡村奈々、○小薗美希-清原奈侑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ1部」第5節埼玉大会第1日第1試合は、通算成績5勝4敗の同率5位、2年連続の決勝トーナメント進出を狙うには「負けられない戦い」が続く日立 サンディーバと、ここまで2勝7敗で11位、「2部リーグ降格」の危機に瀕しているシオノギ製薬 ポポンギャルズが対戦した。
 
 ポポンギャルズは2回表、サンディーバ・先発の岡村奈々を攻め、この回先頭の7番・戸村美紅がセンター前ヒットで出塁。次打者の犠打で二塁へ進み、9番・横野聖奈のサード強襲ヒット、1番・三宅美咲の四球で満塁とし、2番・亀井愛梨がセンターへ犠牲フライを打ち上げ、三塁走者が生還。まず1点を先制し、センターから本塁への送球の間に二・三塁へ走者がそれぞれ進塁。ここで3番・數原顕子がしぶとくショート後方に落ちるタイムリーを放ち、二者生還。この回3点を先制した。

(※2回表、ポポンギャルズは亀井愛梨の犠牲フライ、數原顕子のタイムリーで3点を先制!)
 
 3点を先制されたサンディーバは3回裏、一死から1番・奥田茉優希が三遊間を破る安打で出塁。代打・松畑美希の死球で一・二塁とし、3番・山田恵里がライトスタンドへ同点のスリーランホームラン。「打の現役進化形レジェンド」の一振りで試合を振り出しに戻すと、4番・清原奈侑、5番・木村千春の連打で一・二塁と勝ち越しのチャンスを作り、二死後、7番・倉本美穂がアウトコース低めのボールをバットを投げ出すようにして拾い上げ、ライト前に運ぶタイムリー。二塁走者が一気にホームを踏み、4-3と勝ち越しに成功した。

(※3回裏、サンディーバは山田恵里のスリーラン、倉本美穂のタイムリーで一挙4点を奪い、逆転に成功!)
 
 サンディーバは終盤6回裏にも、3番・山田恵里、4番・清原奈侑の連打から二死一・三塁の追加点のチャンスをつかみ、6番・田邊奈那がダメ押しのタイムリー。三塁走者を迎え入れ、2点差にリードを広げ、粘るポポンギャルズを振り切った。
 
 守っては、3回からロングリリーフした小薗美希が、4回表に二死一・二塁、5回表に二死二・三塁のピンチを招きながらも追加点を許さず、5-3で逃げ切り、通算成績を6勝4敗とし、上位争いに踏み止まった。
 
 敗れたポポンギャルズは2勝8敗。この試合でも3点を先制するなど、試合内容は決して悪くはないのだが……。「善戦」止まりで「勝機」を「勝利」に結びつけることができずにいる。「2部リーグ降格」の危機に瀕する11位から抜け出せず、状況は厳しさを増している。

826
2017
6
3
06
03
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc