1部リーグ 第4節 20170528日()Honda VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】長谷川朋子
敗戦投手【伊予銀行】庄司奈々
打撃成績 【伊予銀行】《本》加藤文恵《二》照喜名真季
【ホンダ】《本》森山遥菜、又吉薫、芝崎恵梨《二》又吉薫、佐野由貴美
バッテリー
伊予銀行内海花菜、●庄司奈々、大西里帆子、原田悠-池田千沙、二宮はな、池田千沙
ホンダ金尾和美、○長谷川朋子、福井遥香-田井静華

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ1部」第4節栃木大会第2日第2試合は、通算成績2勝6敗の同率10位、今節「ホーム」での開催で巻き返しのキッカケをつかみ、地元の熱い声援に応える「勝利」がほしいHonda Revertaと、ここまで3勝5敗の同率7位、このままズルズルと「2部リーグ降格争い」に巻き込まれることだけは避けたい伊予銀行 VERTZが対戦した。
 
 「ホーム」で何とか「1勝」を挙げたいRevertaは初回、VERTZ・先発の左腕・内海花菜の立ち上がりを攻め、1番・胡子路代がライト前ヒットで出塁。2番・芝崎恵梨が送りバントで走者を得点圏に進めると、3番・又吉薫が左中間を破るタイムリーツーベースを放ち、まず1点を先制。ここで早くもVERTZベンチが動き、庄司奈々へと投手交代したが、4番・森山遥菜がホームランダービーのトップを走る、今シーズン第6号のツーランホームラン。初回にいきなり3点を挙げ、有利に試合を進めるかと思われた。
 
 3点を追うVERTZはその直後の2回表、Reverta・先発の金尾和美に襲いかかり、一死から6番・加藤文恵、7番・正木朝貴の連打から反撃のチャンスを作ると、二死後、9番・金澤美優が四球で歩き、満塁とした後、1番・照喜名真季が満塁の走者を一掃する左中間二塁打。同点に追いつき、なお二死二塁のチャンスが続き、2番・松成あゆみのスラップで叩きつけた打球が三遊間に転がり、そのままレフト前に抜け、二塁走者が還り、逆転。3点差を跳ね返し、一気に試合をひっくり返した。

(※VERTZは2回表、3点差を跳ね返し、一気に逆転!)
 
 逆に1点を追う立場となったRevertaは3回裏、この回先頭の1番・胡子路代の四球、2番・芝崎恵梨のライト前ヒットで無死一・三塁とし、3番・又吉薫がセンター頭上を越えるスリーランホームラン。

(※Revertaは3回裏、「チームリーダー」又吉薫が逆転スリーラン!)
 
 これで勢いづいたRevertaは、4番・森山遥菜の内野安打、5番・佐野由貴美のセンターフェンスを直撃するツーベースヒットで無死二・三塁と攻め立て、6番・田井静華がスリーバントスクイズ。この打球を処理したサード・金澤美優が間に合わない本塁へ送球、しかもこの送球が逸れる間に二者が還り、2点を追加(記録は犠打野選と三塁手のエラー)。さらに四球、犠打で一死二・三塁とした後、代打・高橋真子にもタイムリーが飛び出し、この回大量6点を挙げ、再び試合をひっくり返した。
 
 5点差をつけられたVERTZは6回表、6番・加藤文恵がスリーランホームランをレフトスタンドに叩き込み、2点差に追い上げたが、その裏、Revertaも2番・芝崎恵梨がライトスタンドに運ぶソロホームランを放ち、粘るVERTZを突き放した。
 
 最終回、VERTZはRevertaの3番手・福井遥香を攻め、1番・對馬弥子、2番・松成あゆみの連打で一死一・二塁とし、「ホームランが出れば同点」の場面を作り、最後まで粘りを見せたが、後続が空振り三振、ピッチャーゴロに倒れ、ゲームセット。Revertaが両チーム合わせて26安打が飛び交う乱打戦を制し、10-7で勝利を収め、通算成績を3勝6敗とし、同率8位に順位を上げた。
 
 敗れたVERTZはRevertaを上回る15安打を放ちながら、投手陣が踏ん張れず、二桁得点を許す大炎上。一度は試合をひっくり返し、逆転され、大差をつけられても最後まで諦めず追撃したが、あと一歩を及ばず、惜敗。常に「いい試合」は展開してはいるのだが……。通算成績3勝6敗の同率8位に後退し、「2部リーグ降格争い」に巻き込まれる心配をしなければならない状況になってきてしまった。

821
2017
5
28
05
28
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc