1部リーグ 第4節 20170527日()Honda VS 太陽誘電

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】尾崎望良
敗戦投手【ホンダ】福井遥香
打撃成績 【太陽誘電】《本》山本晴香、河野美里《二》藤田倭
【ホンダ】《二》又吉薫
バッテリー
太陽誘電藤田倭、○尾崎望良-佐藤みなみ
ホンダ金尾和美、●福井遥香-田井静華

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ1部」第4節栃木大会第1日第2試合は、ここまで2勝5敗の同率9位、今節「ホーム」での開催となり、巻き返しのキッカケをつかみたいHonda Revertaと、通算成績5勝2敗の同率3位、2年連続の決勝トーナメント進出を狙い、しっかりと「圏内」をキープしている太陽誘電 ソルフィーユが対戦した。
 
 先攻のソルフィーユは初回、Reverta・先発の金尾和美の立ち上がりを攻め、二死走者なしから3番・河野美里がストレートのフォアボールで出塁すると、4番・藤田倭が初球を狙い打ち。詰まり気味にレフト前に飛んだ打球をレフト・佐野由貴美が懸命に前進し、捕球しようとしたが後ろに逸らしてしまい(記録は二塁打)、一塁走者が一気に生還。あっさり先取点を挙げた。
 
 自らのバットで先制点を叩き出し、ピッチングも勢いに乗るかと思われたソルフィーユ・藤田倭だが、1番・芝崎恵梨を簡単にストレートのフォアボールで歩かせると、次打者は空振り三振に打ち取ったものの、3番・又吉薫に左中間を深々と破るタイムリーツーベースを浴び、同点に追いつかれ、4番・森山遥菜にも思い切り引っ張られてレフト線に運ばれ、一死一・三塁。一塁走者がすかさず盗塁し、二・三塁とした後、5番・佐野由貴美にもしぶとく食らいつかれ、ピッチャー内野安打で三塁走者が生還し、2点目。なお一死一・三塁のチャンスが続き、代走・蟹沢夏帆が盗塁を成功させ、再び二・三塁と攻め立て、6番・胡子路代が詰まりながらも「執念」でライト前に落とすタイムリー。この回3点を挙げ、一気に試合をひっくり返した。

(※初回、1点を追うRevertaは鮮やかな集中打で3点を挙げ、逆転に成功)
 
 ソルフィーユは2回から「左右の二枚看板」「Wエンジン」尾崎望良を投入。ピッチャーの藤田倭をOPO(打撃専門選手)とし、6番・DPに入っていた尾崎望良がピッチャーの守備を兼務し、登板。早めの投手交代でRevertaの「勢い」を止めにかかると、これが功を奏し、試合の流れが変わった。
 
 ソルフィーユは3回表、この回先頭の9番・丸本里佳が一・二塁間を破る安打で出塁。1番・原田のどかが手堅く送り、一死二塁とすると、2番・山本晴香が初球を狙い、右中間に同点のツーランホームラン。「一振り」で試合を振り出しに戻した。
 
 3-3の同点で迎えた5回表、ソルフィーユはこの回先頭の1番・原田のどかがライト前ヒット。2番・山本晴香が確実に犠打で得点圏に走者を進め、3番・河野美里がセンターへ高々と打ち上げると、懸命に背走し、フェンスいっぱいのところで精一杯手を伸ばしたセンター・村上ほのかの差し出したグラブのわずか先を越える勝ち越しのツーランホームラン。「チームリーダー」の値千金の一発でソルフィーユが2点を勝ち越した。

(※ソルフィーユは5回表、「チームリーダー」河野美里のツーランホームランで2点を勝ち越し)
 
 2回からロングリリーフに立った左腕・尾崎望良は尻上がりに調子を上げ、2点のリードをもらうと、5回裏、6回裏を三者凡退に抑え、最終回も二死から3番・又吉薫にセンター前ヒットを打たれたものの、最後の打者をレフトフライに打ち取り、ゲームセット。5-3で逃げ切り、逆転勝利を収めた。
 
 勝ったソルフィーユは6勝2敗。「エース」藤田倭が不調と見るや、すぐに左腕・尾崎望良にスイッチ。「左右の二枚看板」「投打のWエンジン」をフル回転させる得意の戦術で苦しい試合を逆転でモノにし、トヨタ自動車 レッドテリアーズ、豊田自動織機 シャイニングベガと並んで同率2位となった。
 
 敗れたRevertaは2勝6敗。この試合でも初回に先手を奪われながら、「日本代表」にも名を連ねる好投手・藤田倭を攻略。すぐに試合をひっくり返したが、投手陣が踏ん張れず、打線もロングリリーフの左腕・尾崎望良から追加点を奪えないまま、逆転負け。投打の歯車が噛み合わない「悪循環」を断ち切れずにいる。

815
2017
5
27
05
27
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc