1部リーグ 第3節 20170521日()シオノギ製薬 VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】金尾和美
敗戦投手【シオノギ】重藤恵理佳
打撃成績 【ホンダ】《本》森山遥菜②、大塚友紀《二》田井静華
【シオノギ】 
バッテリー
ホンダ○金尾和美-田井静華
シオノギ●重藤恵理佳-吉田美姫

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ1部」第3節福岡大会第2日第1試合は、ここまで1勝5敗と苦しい状況が続く「浪速の名門」「関西の老舗」シオノギ製薬 ポポンギャルズと、同じく通算成績1勝5敗、「上位進出」どころか、「2部リーグ降格」の心配をしなければならないような状況に追い込まれたHonda Revertaが対戦した。
 
 Revertaは2回表、ポポンギャルズ・先発の重藤恵理佳を攻め、一死から6番・胡子路代のセンター前ヒット、7番・サマンサ・フェーガンの死球で一・二塁とし、8番・田井静華がレフト線へタイムリーツーベースを放ち、まず1点を先取。なお一死二・三塁と攻め立て、二死後、1番・芝崎恵梨がセンター前にはじき返し、二者が還り、この回3点を先制した。

   Revertaは続く3回表にも、4番・森山遥菜が左中間へライナーで突き刺すソロホームラン。1点を追加し、4点差にリードを広げ、1点を返され、迎えた5回表には、4番・森山遥菜が2打席連続となるソロホームラン。森山遥菜は今節2試合で3本塁打と固め打ち。「大ブレイク中」のビックカメラ高崎 BEE QUEENの糟谷舞乃、太陽誘電 ソルフィーユの原田のどかの4本塁打を抜き去り、5本塁打でホームランダービーのトップに立った。

(※Reverta・森山遥菜は3回表、5回表に2打席連続のソロホームラン。5本塁打でホームランダービーのトップに躍り出た)
 
 Revertaは6回表、7回表にも1点を加え、ポポンギャルズを圧倒。持前の「強力打線」が威力を発揮し、効果的な一発攻勢で今シーズン2勝を挙げ、通算成績を2勝5敗とした。
 
 敗れたポポンギャルズは1勝6敗。投打の歯車が噛み合わず、昨シーズンの「勢い」が感じられない。この試合でも3回裏、「闘将」上田恵のタイムリーで1点を返し、なお二死満塁というチャンスが続きながら、「もうひと押し」がない。チャンスで一気呵成に攻め、怒涛の攻撃で相手を飲み込んでしまう「ポポンギャルズらしさ」が感じられず、苦しい状況が続いている。

(※ポポンギャルズは3回裏、3点を先制された直後に1点を返し、反撃するが、後が続かず……)

810
2017
5
21
05
21
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc