1部リーグ 第3節 20170521日()日本精工 VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
敗戦投手【日本精工】藤嶋涼菜
打撃成績 【戸田中央】《本》坂本結愛《二》ブリトニー・サヴァンティーズ
【日本精工】 
バッテリー
戸田中央○ジョーダン・テーラー-坂本結愛
日本精工●藤嶋涼菜、白川果歩-馬場未波、重石華子

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ1部」第3節長野大会第2日第2試合は、前日(5月20日/土)の日立 サンディーバとの試合で、待望の今シーズン「初勝利」を挙げ、通算成績を1勝5敗とした日本精工 Brave Beariesと、前日のトヨタ自動車 レッドテリアーズとの試合では、先制しながら逆転負けを喫し、通算成績1勝5敗と調子の上がらない戸田中央総合病院 Medicsの対戦となった。
 
 先攻のMedicsは初回、この試合、1番に起用されたブリトニー・サヴァンティーズが、Brave Bearies・先発の藤嶋涼菜のツーボール・ワンストライクからの4球目をとらえ、いきなりの左中間二塁打。2番・川島怜那のセカンドゴロの間に二塁走者が三塁へ進塁し、二死後、4番・本間紀帆が四球で出塁。一・三塁とすると、5番・小沢佳那子の打席の3球目、一塁走者が盗塁を仕掛けると、キャッチャー・馬場未波のセカンドへの送球がワンバウンドになり、これをはじく間(記録はセカンドのエラー)に三塁走者が生還。労をせずして1点を先制した。

 1点を先制したMedicsは4回表、この回先頭の9番・田中江理奈が死球で出塁すると、続く1番・ブリトニー・サヴァンティーズ、2番・川島怜那の連打で無死満塁と攻め立て、3番・坂本結愛がレフトへ痛烈な当たりを放ち、ヒット性の当たりにつられて飛び出すことなく、三塁走者が冷静に打球の行方を見極め、タッチアップから生還。犠飛で1点を追加した。

 Brave Beariesはその裏、この回先頭の2番・中村白が二遊間を抜く安打で出塁。次打者が手堅く送り、二死後、三盗を仕掛けるもあえなく失敗。Medicsのキャッチャー、GEM4(U23)日本代表にも選出されている「将来有望な若手」坂本結愛が慌てることなく、三塁で刺し、ピンチを未然に防いだ。

(※4回裏、Brave Beariesはチャンスをつかむも無得点に終わる)
 
 Medicsは2点をリードして迎えた7回表、先ほど守備で冷静な対応・処理を見せた3番・坂本結愛がセンターへソロホームランを放ち、ダメ押しの1点を追加。勝利を決定づける「一発」を放った。

(※7回表、Medicsは坂本結愛がトドメのソロホームランを放つ!)
 
 投げては、先発・ジョーダン・テーラーが被安打3・奪三振8の好投でBrave Bearies打線を完封。この試合のMVPにも選ばれ、今シーズン2勝目を挙げた。通算2勝5敗とまだまだ楽観できる状況ではないが、「エース」ジョーダン・テーラーに十分計算が立ち、若手が多いチームでありながら、試合を通して一人ひとりが個々の役割を考え、個人としても、チームとしても、試合を重ねるごとに「成長」が感じられる。それだけに「勝つ」ことにこだわり、上位チームにアグレッシブに挑んでいく、そんな姿勢がより見られるようになると、今後が楽しみになるのだが。

 敗れたBrave Beariesは通算成績1勝6敗。依然として苦しい状況が続いている。この試合でもMedics先発・ジョーダン・テーラーの前にわずか3安打。前日の日立 サンディーバ戦での打線の爆発が嘘のように抑え込まれ、完封負けを喫した。今節、1部昇格後初勝利を挙げたとはいえ、1部の壁は高く、厚いと感じる場面は多々あるだろう。それでも、試合前の円陣で全員が心を一つにして肩を組む姿や、チームメイトを全力で応援する姿を見る限り、「チームのまとまり」という面ではどこにも負けないものがあると感じる。それだけで勝てるほど甘い世界ではないかもしれないが、自分たちの力と、自分たちのやってきたことを信じ、とにかく常に全力プレーで「Brave Beariesらしい」試合を展開してくれることを期待したい。

809
2017
5
21
05
21
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc