1部リーグ 第3節 20170521日()SGホールディングス VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【伊予銀行】内海花菜
敗戦投手【SGH】カーヤ・パーナビー
打撃成績 【伊予銀行】《二》樋口菜美
【SGH】《本》ステーシー・ポーター
バッテリー
伊予銀行庄司奈々、○内海花菜-二宮はな、池田千沙
SGH●カーヤ・パーナビー-山科真里奈

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ1部」第3節前橋大会第2日第1試合は、ここまで3勝3敗の勝率5割、上位争いに割って入るには、ここから改めて「貯金」を作っていかなければならないSGホールディングス ギャラクシースターズと、通算成績2勝4敗、このままズルズルと「2部リーグ降格争い」に巻き込まれることだけは避けたい伊予銀行 VERTZが対戦した。
 
 先攻のVERTZは初回、ギャラクシースターズ・先発のカーヤ・パーナビーに簡単に二死を取られた後、3番・樋口菜美がライト線を鋭く破るツーベースヒットで出塁。さらにワイルドピッチで三塁まで走者を進めたものの、4番・加藤文恵が空振りの三振。先制のチャンスを逃した。
 
 ギャラクシースターズはその裏、VERTZ・先発の庄司奈々にこちらも簡単に二死を取られたものの、3番・ステーシー・ポーターが打った瞬間「ホームラン!」とわかる完璧な一撃。レフトスタンドに特大の一発を叩き込み、1点を先制した。

(※ギャラクシースターズは初回、ステーシー・ポーターのソロホームランで先制!)
 
 ギャラクシースターズは2回裏にも、この回先頭の5番・増野瑠奈がセンター前に運ぶヒットで出塁。6番・兵頭花帆の打席でヒットエンドランを仕掛け、走者を二塁へ進め、7番・岩城祐紀のセーフティーバント(記録は犠打)で二死ながら三塁へ進塁。ここで8番・土肥里奈が詰まりながらもセカンド頭上を越えるタイムリーヒットを放ち、2点目を挙げた。

 試合はこのままギャラクシースターズのペースで進むかと思われたが、VERTZは3回表、一死から9番・金澤優美が四球で歩き、すかさず盗塁。さらに1番・對馬弥子も四球で歩き、一・二塁。2番・松成あゆみへの初球がパスボールとなり、一死二・三塁と攻め立てたが、松成あゆみは浅いレフトフライに倒れ、走者は動けないまま、二死となった。3番・樋口菜美も四球で出塁したが、その四球となる投球のとき、二塁走者・對馬弥子が何を思ったか、前に三塁走者がいるにも関わらずスタートを切ってしまい、挟殺プレーとなり、これに押し出される形で三塁走者金澤優美が三・本間で挟まれたが、これを刺そうとしたキャッチャーの送球が三塁走者のヘルメットに当たってしまい、外野を転々とする間に二者生還。同点に追いつき、四球で出塁した打者走者も三塁まで進み、4番・加藤文恵がしぶとく三遊間を破り、逆転に成功。一気に試合をひっくり返してしまった。

(※VERTZは3回表、加藤文恵のタイムリー等で3点を挙げ、逆転に成功!)
 
 思わぬ形で逆転を許してしまったギャラクシースターズは、3回裏から登板した左腕・内海花菜の適度に荒れる思い切りのよいピッチングに翻弄され、走者は出すものの、決定打を奪えず、追加点を挙げることができないまま、試合終了。序盤は打つべき人が打ち、「エース」が抑える「計算通り」の試合展開。2点のリードを奪ったまではよかったのだが……。自らのミスがキッカケで逆転を許し、その「1点」が重くのしかかり、反撃できないまま、1点差で敗れた。
 
 勝ったVERTZは3勝4敗。序盤2点をリードされる「劣勢」を得意の「ミラクル」で跳ね返し、逆転勝ち。ワンチャンスをしっかりとモノにし、貴重な1勝を挙げた。
 
 敗れたギャラクシースターズは今節連敗でこちらも3勝4敗。上位進出の足掛かりをつかむはずが、逆に「借金」を背負う形となってしまった。前日の「上位争いのライバル」太陽誘電 ソルフィーユとの対戦で「エース」を温存してまで、この試合で確実に勝利をつかむはずが、「想定外」の逆転負け。痛い星を落とし、上位争いから大きく後退する形となってしまった。

806
2017
5
21
05
21
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc