1部リーグ 第3節 20170520日()ビックカメラ高崎 VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【BIC】濱村ゆかり
敗戦投手【伊予銀行】山口清楓
打撃成績 【伊予銀行】 
【BIC】《本》糟谷舞乃、森さやか《二》市口侑果、植木千晴
バッテリー
伊予銀行●山口清楓、大西里帆子-池田千沙、二宮はな
BIC○濱村ゆかり、中野花菜-我妻悠香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ1部」第3節前橋大会第1日第2試合は、ここまで無傷の開幕5連勝、「王座奪還」へ向け、順調なスタートを切り、「ホームゲーム」となる前橋大会の開催を迎えたビックカメラ高崎 BEE QUEENと、通算成績2勝3敗で今節を迎え、上位争いに踏み止まるためには「負けられない」伊予銀行 VERTZが対戦した。
 
 先攻のVERTZは初回、BEE QUEEN・先発の濱村ゆかりの立ち上がりを攻め、一死から2番・松成あゆみが三遊間を痛烈に破る安打で出塁。続く3番・對馬弥子の死球で一・二塁としたが、4番・樋口菜美のセカンドゴロで一塁走者が二塁フォースアウト。二死一・三塁のチャンスが残り、5番・加藤文恵がセンターフェンス際まで運ぶ大飛球を放ったが、最後はセンター・小松美樹がフェンスにぶつかりながら捕球し、スリーアウト。ピンチを脱した。

(※初回、VERTZは一死一・二塁のチャンスをつかんだが……無得点に終わる)
 
 VERTZは、GEM4(U23)日本代表にも選出されている「期待のルーキー」山口清楓を先発に起用。しかし、その立ち上がり、先頭打者・森さやかに死球を与えてしまい、一死後、3番・内藤実穂が三遊間を破る安打を放ち、一・二塁。4番・山本優も四球で歩き、満塁とすると、開幕から5試合で3本の満塁ホームランを放っている5番・糟谷舞乃が打席に入り、4本目の満塁ホームラン……とはいかなったが、センターにキッチリと犠牲フライを打ち上げ、三塁走者が生還。BEE QUEENが先手を取った。
 
 BEE QUEENは3回裏にも、この回先頭の2番・市口侑果の一塁線を鋭く破るツーベースを口火に、センターフライ、四球、サードゴロで二死一・三塁とし、6番・植木千晴がライトオーバーのエンタイトルツーベース。この回1点を追加し、2点差にリードを広げた。
 
 BEE QUEENは5回裏にも、開幕から大活躍を続ける5番・糟谷舞乃にツーランホームランが飛び出し、2点を追加。糟谷舞乃はホームランダービーのトップに並ぶ、今シーズン第4号のホームラン。早くも打点を「20」の大台に乗せた。

(※5回裏、BEE QUEENは糟谷舞乃がツーランホームランを放つ!)
 
 打ち出したら止まらないBEE QUEEN打線は、6回裏にも1番・森さやかがトドメのツーランホームランを放ち、ダメ押しの2点を追加。完全に勝負を決めたしまった。
 
 守っては、先発・濱村ゆかりが毎回のように走者は背負うものの、冷静なピッチングで要所を締め、6回まで無失点の好投。最後は中野花菜が1イニングを三者凡退でピシャリと締め、VERTZ打線を完封。「ホームゲーム」第1戦を6-0で快勝し、開幕からの連勝を「6」に伸ばした。
 
 敗れたVERTZは、打線に元気なく、BEE QUEENの継投策の前に完封負け。通算成績2勝4敗となり、上位争いからは一歩後退する形となってしまった。

801
2017
5
20
05
20
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc