1部リーグ 第2節 20170514日()シオノギ製薬 VS SGホールディングス

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【SGH】カーヤ・パーナビー
敗戦投手【シオノギ】重藤恵理佳
打撃成績 【SGH】《二》ステーシー・ポーター②
【シオノギ】 
バッテリー
SGH○カーヤ・パーナビー-山科真里奈
シオノギ●重藤恵理佳、池田美樹-吉田美姫、長平雅

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ1部」第2節・尼崎大会・第2日第2試合は、「ホームタウン」で今節を迎えながら、前日(5月13日/土)はビックカメラ高崎 BEE QUEENに5本のホームランを浴び、大敗。「地元」で何とか1勝を挙げたいシオノギ製薬 ポポンギャルズと、ここまで2勝2敗の勝率5割、「エース」カーヤ・パーナビーの好投が光るSGホールディングス ギャラクシースターズが対戦した。
 
 ポポンギャルズは2回裏、ギャラクシースターズの先発・カーヤ・パーナビーを攻め、6番・上田恵が死球で出塁すると、一死後、敵失、犠打で二死ながら二・三塁の先制機を作ったが、1番・古藤優実が空振り三振に倒れ、先取点のチャンスを逃した。
 
 このピンチを脱したギャラクシースターズは、その直後の3回表、この回先頭の9番・立川夏波がレフト前ヒットで出塁。続く1番・ステーシー・ポーターのライト前ヒットを、この打球の処理を焦ったライト・豊村未来が後ろへ逸らし、その間に一塁走者が一気に生還。労せずして先取点を挙げ、この間に打者走者も三塁まで進塁。2番・中村光里が四球を選び、一・三塁とチャンスを広げ、このところ打撃好調の3番・増野瑠奈がセンター前へタイムリーを放ち、この回2点を先制した。
 
 ギャラクシースターズは5回表にも、9番・立川夏波が2打席連続のレフト前ヒットで出塁すると、1番・ステーシー・ポーターのレフトへの二塁打で無死二・三塁とし、二死後、4番・山科真里奈、代打・中島香澄の連続タイムリーでこの回2点を追加。チームの「主砲」と「代打の切り札」の活躍で勝利を決定づけた。

(※ギャラクシースターズは5回表、山科真里奈、代打・中島香澄の連続タイムリーでダメ押し)
 投げては、前日のHonda Reverta戦で完投勝利を挙げたカーヤー・パーナビーがこの試合も好投。「アウェー」での戦いをものともせず、ポポンギャルズ打線をわずか3安打に抑え込み、見事な完封。勢いのある「攻めのピッチング」で今節を連勝で飾り、通算成績3勝2敗と白星を先行させた。
 
 敗れたポポンギャルズは、今節連敗。6回裏に、2番・亀井愛梨が四球で出塁し、二死後、5番・大西朱音の内野安打と盗塁で二・三塁のチャンスを作ったが、6番・上田恵がファーストゴロに倒れ、無得点。

(※6回裏、ポポンギャルズは二死二・三塁のチャンスを作るも無得点)
 
 「ホームタウン」での戦いであっただけに、何としても勝ち星を挙げ、詰めかけた地元の応援団と喜びを分かち合いたいところだったが……。かえってそれがプレッシャーとなり、「気合」が空回りしてしまったか、今節連敗に終わり、通算成績1勝4敗となってしまった。

799
2017
5
14
05
14
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc