1部リーグ 第2節 20170514日()ビックカメラ高崎 VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【BIC】上野由岐子
敗戦投手【ホンダ】ジェイリン・フォード
打撃成績 【ホンダ】《二》又吉薫
【BIC】《二》糟谷舞乃、山本優
バッテリー
ホンダ●ジェイリン・フォード、福井遥香、長谷川朋子-田井静華
BIC○上野由岐子-我妻悠香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ1部」第2節・尼崎大会・第2日第1試合は、前日(5月13日/土)のシオノギ製薬 ポポンギャルズ戦では、5本のホームランが飛び出し、無傷の開幕4連勝。「王座奪還」へ向け、順調な滑り出しを見せているビックカメラ高崎 BEE QUEENと、投打の歯車がなかなか噛み合わず、通算成績1勝3敗と苦しい状況となっているHonda Revertaが対戦した。
 
 後攻のBEE QUEENは初回、Revertaの先発・ジェイリン・フォードを攻め立て、1番・森さやかの安打、送りバントで一死二塁とし、二死後、4番・山本優が四球を選び、一・二塁のチャンスを作ると、前日のシオノギ製薬 ポポンギャルズ戦で2本の満塁ホームランを放つ等、「大当たり」の5番・糟谷舞乃が打席に入り、やや甘く入ったボールを逃すことなく見事にとらえ、先制のタイムリーツーベース。BEE QUEENの「新たな主砲」となりつつある糟谷舞乃がまたしても初回から2打点を挙げる活躍。鮮やかな先制攻撃でこの回2点を先制した。

(※初回、BEE QUEENは開幕から大活躍の糟谷舞乃が先制のタイムリーツーベース!)
 
 追加点の欲しいBEE QUEENは3回裏、一死から3番・内藤実穂が死球で出塁すると、4番・山本優が初球を積極的に狙い、三塁頭上をワンバウンドで越える二塁打を放ち、一死二・三塁とチャンスを広げ、またしても5番・糟谷舞乃にチャンスで打席が回り、キッチリとセンターへ犠牲フライを打ち上げ、三塁走者が生還。この試合も早くも3打点を挙げる活躍を見せると、続く6番・中西舞衣もライト前へタイムリー。「売り出し中の若手」が競い合うように活躍し、この回2点を追加。勝利を決定づけたかに見えた。
 
 5回までBEE QUEENの先発・上野由岐子に散発3安打に抑えられ、走者を出しては二度の併殺でチャンスを潰してきたRevertaは6回表、ようやく反撃。この回先頭の8番・大塚友紀がショートゴロエラーで出塁すると、一死後、1番・森山遥菜が四球を選び、一・二塁とし、2番・村上ほのかのセカンドゴロが進塁打となり、二死二・三塁と走者を進めると、3番・又吉薫がレフト頭上を越えるタイムリーツーベースを放ち、塁上の走者を一掃。2点を返し、さらにワイルドピッチで三塁に走者を進めると、4番・芝崎恵梨の二遊間を抜くタイムリー。1点差に詰め寄った。続く5番・佐野由貴美の死球で二死一・二塁と「一打同点」「長打が出れば逆転」の場面を作り、ここで6番・田井静華がライトに運び、二塁走者が一気に同点のホームを狙ったが、ライト・糟谷舞乃の好返球で本塁寸前タッチアウト。糟谷舞乃の好守にわたる活躍の前に同点のチャンスを逃した。

(※Revertaは6回表、3点を返し、なお二死一・二塁と攻め立て、田井静華のライト前ヒットで「同点か……」と思われたが、本塁寸前タッチアウト)
 
 今節も連勝し、無傷の開幕5連勝と波に乗るBEE QUEEN、今節連敗で通算成績1勝4敗となったReverta。明暗がクッキリと分かれた感はあるが、「全勝」のBEE QUEENを「あと一歩」のところまで追い詰めたRevertaの終盤の追い上げは「迫力」が感じられ、これを次節以降につなげたいところだ。
 
 BEE QUEENは若手が多いチームではあるが、その若手をしっかりとベテランが引っ張り、チームを盛り上げ、奮い立たせながら一戦一戦を戦っている。ベテランにはない「フレッシュ」な魅力と「勢い」を若手が全面に出してプレーすれば、ベテランはベテランにしか出せない「豊富な経験」に裏打ちされた「余裕」を感じさせるプレーで「手本」を示し、若手が成長するという「好循環」と「相乗効果」を生みだしている。一つひとつのプレーを大切にし、選手間で話し合い、確認しながらプレーする姿を見ると、トヨタ自動車 レッドテリアーズに奪われた「王座」をチーム全員の力で絶対に取り戻すのだという雰囲気が感じられる。第3節は「ホームゲーム」として戦う群馬・前橋大会、「地元」でその勢いをさらに加速させることができるか、注目が集まる。

798
2017
5
14
05
14
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc