1部リーグ 第2節 20170513日()Honda VS SGホールディングス

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【SGH】カーヤ・パーナビー
敗戦投手【ホンダ】ジェイリン・フォード
打撃成績 【SGH】 
【ホンダ】《本》森山遥菜
バッテリー
SGH○カーヤ・パーナビー-山科真里奈
ホンダ●ジェイリン・フォード、金尾和美-田井静華

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第50回日本女子ソフトボールリーグ1部」第2節・尼崎大会・第1日第1試合は、ここまで1勝2敗と、もう一つ調子が上がらず、今節で白星を先行させたいHonda Revertaと、開幕節では勝利を飾ったものの、第1節で連敗。同じく1勝2敗のSGホールディングス ギャラクシースターズが対戦した。
 この試合は前夜からの雨の影響で試合開始が遅れ、13時試合開始。関係者の尽力で試合開始にこぎつけた。
 
 先攻のギャラクシースターズは初回、Reverta・先発のジェイリン・フォードの立ち上がりを攻め、1番・ステーシー・ポーターがセカンド内野安打で出塁すると、2番・中村光里の送りバントが相手のエラーを誘い、無死一・三塁。絶好の先制機を作り、続く3番・増野瑠奈がセンター前へタイムリーを放ち、あっさり先取点を挙げた。

(※先攻のギャラクシースターズは、3番・増野瑠奈が先制のタイムリー)
 
 1点を先制し、なお無死一・二塁のチャンスが続き、4番・山科真里奈のセカンドゴロで一塁走者が二塁フォースアウトとなった後、一塁走者が二塁へ盗塁。一死二・三塁とし、5番・柳瀬友紀が四球を選び、満塁と攻め立て、6番・土肥里奈がレフト前にタイムリー。この回2点を先制した。
 
 2点を追うRevertaはその裏、ギャラクシースターズの先発・カーヤ・パーナビーから1番・胡子路代がレフト前にヒットを放つと、2番・村上ほのかのサードゴロの間に、一塁走者が二塁へ進塁。得点圏に走者を進め、二死後、4番・サマンサ・フェーガンが四球を選び、一・二塁としたが、5番・佐野由貴美がセカンドフライに倒れ、無得点に終わった。
 
 一方、ギャラクシースターズは2回表にも、9番・岩城祐紀、1番・ステーシー・ポーターの連続四死球と送りバントで一死二・三塁の追加点のチャンスをつかみ、Revertaの先発・ジェイリン・フォードを早々とノックアウト。代わった金尾和美から3番・増野瑠奈がキッチリとセンターへ犠牲フライを打ち上げ、三塁走者が生還。1点を追加。3点差にリードを広げ、4回表には、9番・岩城祐希のピッチャーゴロが一塁への悪送球を誘い、一死二塁とし、二死後、2番・中村光里のピッチャーへの当たりが内野安打となる間に二塁走者が一気にホームイン。1点を加え、7回表にも、代打・中島香澄にライト前へのタイムリーが飛び出し、ダメ押しの1点を追加。チャンスを確実に得点に結びつけ、小刻みに加点したギャラクシースターズが終始有利に試合を進めた。
 
 投げては、先発・カーヤ・パーナビーがReverta打線に6安打を打たれながらも決定打を許さず、失点を5回裏の森山遥菜のソロホームランによる1点に抑え、完投勝利。5-1で快勝し、通算成績を2勝2敗とし、勝率5割に戻した。
 
 敗れたRevertaは今シーズンから加入した新外国人投手、ジェイリン・フォードが開幕節に続き、「背信」の投球。5回裏、7番・森山遥菜のソロホームランで完封負けは免れたが、得点はこの1点のみ。

(※5回裏、Revertaは森山遥菜がソロホームランを放ち、1点を返したが……)
 
 投手陣が序盤に失点するケースが多く、打線もそれを跳ね返すことができず、投打の歯車が噛み合わない状態が続き、通算成績1勝3敗となってしまった。

792
2017
5
13
05
13
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc