1部リーグ 第1節 20170507日()伊予銀行 VS 豊田自動織機

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】ケイラニ・リケッツ
敗戦投手【伊予銀行】庄司奈々
打撃成績 【豊田織機】《二》洲鎌夏子③、中森菜摘
【伊予銀行】《二》對馬弥子
バッテリー
豊田織機栗田美穂、○ケイラニ・リケッツ-ケイリン・キャスティーヨ
伊予銀行●庄司奈々、山口清楓-二宮はな

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 第50回日本女子ソフトボールリーグ1部・第1節愛媛大会第2日第2試合は、前日、太陽誘電 ソルフィーユに1-3で敗れ、1勝1敗となった豊田自動織機 シャイニングベガと、「ホーム」での開催となった今節、開幕節の快勝に続き、デンソー ブライトペガサスとの息詰まる投手戦を制し、劇的なサヨナラで連勝を飾った伊予銀行 VERTZが対戦した。
 
 先攻のシャイニングベガは初回、VERTZ・先発の庄司奈々を攻め、一死からこの試合スタメンに起用された2番・西山麗がストレートのフォアボールで出塁。続く3番・洲鎌夏子がレフト線を抜くタイムリーツーベースを放ち、一塁走者が一気に生還。幸先良く先取点を奪った。

(※シャイニングベガは初回、洲鎌夏子のツーベースヒットで先制!)
 
 1点を先制したシャイニングベガは、パスボール、4番・ケイラニ・リケッツの四球でなお一死一・三塁のチャンスが続いたが、5番・中森菜摘がファーストライナー、6番・ケイリン・キャスティーヨがセンターフライに倒れ、追加点を挙げることはできなかった。
 
 初回にいきなり1点を失ってしまったVERTZはその裏、スタメンでは4番・DPに入り、初回の守りにつくと同時にFP・栗田美穂のピッチャーの守備を兼務。「実質的な先発投手」となったケイラニ・リケッツから1番・對馬弥子がレフト前に落ちるポテンヒットで出塁。三振、内野ゴロで二死二塁とし、「一打同点」の場面を迎えたが、4番・加藤文恵がファーストファウルフライに倒れ、同点に追いつくチャンスを逃した。

 1点をリードしたシャイニングベガは終盤6回表、簡単に二死となった後、「日本代表」に名を連ねる実力者、3番・洲鎌夏子がこの試合3本目となるツーベースヒットを放ち、チャンスメイク。ここでVERTZベンチは4番・ケイラニ・リケッツとの勝負を避け、故意四球で歩かせ、二死一・二塁とし、5番・中森菜摘との勝負を選択。結果的にこれが裏目となり、右中間を破るタイムリーツーベースを浴び、3点差にリードを広げられてしまった。

 3点を追うVERTZは6回裏、9番・金澤美優の一・二塁間を破る安打、盗塁、四球等で二死一・二塁の「ホームランが出れば同点」のチャンスを作ったが、4番・加藤文恵が空振りの三振に倒れ、どうしても得点を挙げることができない。

 それでも「ホーム」の大声援を受け、戦うVERTZは最後まで諦めない。最終回、5番・矢野輝美、6番・正木朝貴の連打からチャンスをつかみ、二死後、9番・金澤美優もショート内野安打。「気合」のヘッドスライディングで満塁のチャンスを作り、昨シーズン2本のサヨナラホームランを放っている1番・對馬弥子につないだ。今シーズンは「キャプテン」としてチームを引っ張る對馬弥子は、懸命に自分につないでくれたチームメイトの心意気と詰めかけた大応援団の期待に応え、左中間にタイムリーツーベース。1点差に詰め寄り、なお二死二・三塁の「一打逆転サヨナラ」の場面を作った。

 スタンドは大いに盛り上がり、「一打逆転サヨナラ」を期待させるムードが高まったが、シャイニングベガの「エース」ケイラニ・リケッツが最後の力を振り絞って最後の打者を空振り三振に打ち取り、ゲームセット。1点差で逃げ切り、通算成績を2勝1敗とした。

(※VERTZ、最終回の猛追及ばず、1点差で惜敗……)

 敗れたVERTZは今シーズン初黒星。しかし、最終回の猛追は「今年は一味違う」と感じさせるに十分な迫力があり、開幕3連勝こそならなかったが、今シーズンの「台風の目」となりそうな気配だ。

785
2017
5
7
05
07
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc