1部リーグ 第1節 20170507日()太陽誘電 VS デンソー

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】藤田倭
敗戦投手【デンソー】エイミー・クレイガ―
打撃成績 【デンソー】 
【太陽誘電】《二》河野美里
バッテリー
デンソー●エイミー・クレイガ―、近藤光―竹林綾香、鬼澤麻純
太陽誘電○藤田倭-佐藤みなみ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 第50回日本女子ソフトボールリーグ1部・第1節愛媛大会第2日第1試合は、前日、決勝トーナメント進出を争うと見られる「ライバル」豊田自動織機 シャイニングベガに3-1で快勝。今シーズン初勝利を挙げた太陽誘電 ソルフィーユと、ここまで1勝1敗、開幕節では鮮やかな逆転勝ちで白星スタートを切りながら、前日の伊予銀行 VERTZ戦で後味の悪いサヨナラ負けを喫したデンソー ブライトペガサスが対戦した。
 
 立ち上がりからコントロールの不安定なブライトペガサスの先発・エイミー・クレイガ-は、初回に1つ、2回にも2つ四球を与え、3回裏もこの回先頭の1番・原田のどかに四球を与えてしまう。2番・丸本里佳が確実に送り、得点圏に走者を進めると、3番・河野美里が高めのボールを上手く叩きつけ、二遊間に転がすと、この打球がショート・山根すずかの手前で高く跳ね上がり、そのままセンターへ抜け(記録は二塁打)、二塁走者が生還。ソルフィーユが先手を取った。

(※3回裏、ソルフィーユは河野美里の二塁打で先制!)

 この1点で勢いづいたソルフィーユは、二死後、5番・大塚枝里香が三遊間深く転がす内野安打。二死ながら一・三塁とし、一塁走者がすかさず盗塁。6番・佐藤みなみ、7番・山本晴香は冷静に制球の定まらないエイミー・クレイガ-の球筋を見極め、連続四球で押し出し。2点目を挙げ、なお満塁のチャンスが続き、この試合、8番・DPに入っていたソルフィーユが誇る「投打のWエンジン」尾崎望良がセンター前にはじき返し、二者生還。この回大量4点を奪い、勝負を決めてしまった。

 一方、4回までソルフィーユ・先発の藤田倭にパーフェクトに抑えられ、一人の走者も出せずにいたブライトペガサスは、ようやく5回表、この回先頭の4番・竹林綾香が粘った末に四球を選び、この試合初めての走者を出すと、5番・テイラー・エドワーズが詰まりながらもセンター前に落とすチーム初安打を放ち、無死一・二塁。一死後、7番・川畑瞳も三遊間を痛烈に破る安打を放ち、満塁と攻め立てたが、途中出場の8番・鬼澤麻純が初球を簡単に打って出てサードファウルフライ、代打・松木瑛里がセカンドゴロに倒れ、この試合唯一のチャンスを活かすことができなかった。

(※5回表、ブライトペガサスは一死満塁のチャンスを逃す)
 
 ソルフィーユ・藤田倭は安定感抜群のピッチングでブライトペガサス打線をわずか2安打に抑え込み、見事な完封。今節連勝で通算成績を2勝1敗とした。
 
 敗れたブライトペガサスは1勝2敗。開幕節で初回にいきなり3点を失いながら、鮮やかな逆転勝利を飾ったのが嘘のように今節は2試合連続の完封負けを喫し、黒星先行となってしまった。

784
2017
5
7
05
07
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc