1部リーグ 第1節 20170507日()SGホールディングス VS ビックカメラ高崎

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【BIC】濱村ゆかり
敗戦投手【SGH】市谷愛美
打撃成績 【BIC】《本》糟谷舞乃《二》糟谷舞乃
【SGH】 
バッテリー
BIC上野由岐子、○濱村ゆかり、中野花菜-我妻悠香、降矢香
SGH●市谷愛美、千葉美咲、加藤あずさ-山科真里奈

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 第50回日本女子ソフトボールリーグ1部・第1節千葉大会第2日第1試合は、前日、日立 サンディーバと緊迫の投手戦を演じながら、姉・泉礼花、妹・泉花穂の「泉姉妹リレー」に屈し、0-3の完封負けを喫し、1勝1敗となったSGホールディングス ギャラクシースターズと、開幕節そして前日と2試合連続のサヨナラ勝ちで勢いに乗り、「王座奪還」へ向け、着実な足取りを刻むビックカメラ高崎 BEE QUEENが対戦した。
 
 先攻のBEE QUEENは初回、ギャラクシースターズの先発・市谷愛美の立ち上がりを攻め、相手守備の乱れと連続死球等で一死満塁と攻め立て、5番・糟谷舞乃が左中間へ満塁ホームランを放ち、一挙4点を先制。強烈な「先制パンチ」を浴びせた。

(※BEE QUEENは初回、糟谷舞乃の「グランドスラム」で一挙4点を先制!)
 
 続く2回表にも、四球、バント安打等で一死二・三塁のチャンスをつかみ、2番・市口侑果がキッチリとヒットエンドランを決め、三塁ランナーが生還。二死後、4番・山本優にもライト前へのタイムリーが飛び出し、この回2点を加え、早々と勝負を決めてしまった。
 
 これでもはや勝負は決した感はあったが、1点でも返して「意地」を見せたいギャラクシースターズは3回裏、先発・上野由岐子に代わり、この回から登板した濱村ゆかりの代わり端を攻めた。「頼れるキャプテン」8番・柳瀬友紀のセンター前へのヒットを口火に、二死満塁の反撃機を作ったが、後続がセカンドゴロに倒れ、無得点。チャンスをものにすることができなかった。

(※3回裏、ギャラクシースターズはこの試合唯一のチャンスをつかんだが無得点に終わる)
 
 逆に今シーズン初めて「余裕」の試合展開となったBEE QUEENは6回表、安打、死球等で二死一・三塁の追加点のチャンスを作ると、またしても5番・糟谷舞乃がレフトの頭上を越え、「あわやホームラン……」というタイムリーツーベースを放ち、走者を一掃。この回ダメ押しの2点を追加。糟谷舞乃の6打点を挙げる活躍もあり、9安打・8得点の猛攻でギャラクシースターズを圧倒した。
 
 守っては、「エース」上野由岐子が2回1/3を投げ、ノーヒット・奪三振3のピッチングで試合の流れを作ると、今シーズン初登板の濱村ゆかり、中野花菜とつなぐ投手リレーでギャラクシースターズをわずか3安打に抑え、完封。8-0の圧勝で開幕3連勝を飾った。
 
 敗れたギャラクシースターズは今節連敗。2試合連続の完封負けで通算成績1勝2敗と黒星先行の状態となってしまった。「期待のルーキー」市谷愛美を先発に起用したが、BEE QUEENの強力打線に飲み込まれ、2回持たずに降板。ホロ苦い日本リーグデビューとなり、その後は懸命の継投策を見せたが、9安打・8失点とBEE QUEENの猛攻を止められず、打線もわずか3安打では打つ手がなかった。

782
2017
5
7
05
07
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc