1部リーグ 第1節 20170506日()シオノギ製薬 VS トヨタ自動車

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【トヨタ】モニカ・アボット
敗戦投手【シオノギ】重藤恵理佳
打撃成績 【トヨタ】 
【シオノギ】《二》三宅美咲
バッテリー
トヨタ平原かすみ、○モニカ・アボットー馬場今日子、峰幸代
シオノギ池田美樹、●重藤恵理佳-吉田美姫

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 第50回日本女子ソフトボールリーグ1部・第1節鹿児島大会第1日第1試合は、開幕節の豊田自動織機 シャイニングベガ戦では、2点を追う最終回、數原顕子のツーランホームランで追いつき、延長タイブレーカーにもつれ込む熱戦を演じながら、惜しくも3-5で敗れたシオノギ製薬 ポポンギャルズと、いきなり昨年の決勝トーナメント・決勝のカードの再現、太陽誘電 ソルフィーユとの息詰まる投手戦に「絶対的エース」モニカ・アボットの被安打3・奪三振11の力投で1-0の完封勝利を収めた「王者」トヨタ自動車 レッドテリアーズが対戦した。

 レッドテリアーズは3回表、ポポンギャルズの先発・池田美樹を攻め、この回先頭の2番・坂元令奈がレフト前ヒットで出塁。続く3番・渥美万奈のショートゴロで一塁走者が二塁フォースアウトとなった後、入れ替わり走者となった一塁走者・渥美万奈が二塁へ盗塁。これに相手守備の乱れが絡み、一気に三塁まで進塁。ここで4番・長崎望未がレフトへキッチリと犠牲フライを打ち上げ、三塁走者を迎え入れ、1点を先制した。

 一方、ポポンギャルズはレッドテリアーズの先発・平原かすみの前に、初回、2本の安打と四球で一死満塁の絶好機をつかみながら、5番・長平雅のショートゴロが6-2-3とわたるホームゲッツーとなり、先制のチャンスを潰すと、その後はチャンスらしいチャンスもないまま、5回まで無得点が続いた。
 しかし、レッドテリアーズが逃げ切りを図り、6回裏から「絶対的エース」モニカ・アボットを投入すると、果敢にこれに襲いかかり、死球で出塁した走者を一塁に置き、二死後、4番・三宅美咲が右中間を鋭く切り裂くタイムリーツーベース。頼れる「キャプテン」の一打で1-1の同点に追いついた。

(※6回裏、1点を追うポポンギャルズは「キャプテン」三宅美咲のタイムリーツーベースで同点に追いつく)

 同点に追いつかれたレッドテリアーズは、5回からリリーフしていた重藤恵理佳を打ちあぐんでいたが、ようやく7回表、ショートゴロエラー、四球で一死一・二塁とし、5番・山崎早紀のショートゴロがセカンドへの悪送球を誘い、二塁走者が一気にホームを踏み、勝ち越し。結局これが決勝点となった。

(※7回表、レッドテリアーズが相手守備の乱れにつけ込み、決勝点を挙げる)

 再び1点のリードをもらった「絶対的エース」モニカ・アボットは、ポポンギャルズ最後の攻撃を空振り三振、ショートフライ、空振り三振に斬って取り、2-1で逃げ切り。まだ「王者」の貫禄、相手を圧倒するような試合展開は見せていないが、開幕節に続き、1点差のクロスゲームをモノにし、確実に勝ち星を拾い、開幕連勝を飾った。

 惜しくも敗れたポポンギャルズは開幕2連敗。決勝トーナメント進出の「常連」、昨シーズンの覇者といった上位チームを相手に互角の試合を展開しているものの、「あと一歩」のところで勝利をつかめずにいる。試合内容は良いだけに早く1勝を挙げ、波に乗りたいところだ。

780
2017
5
6
05
06
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc